更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

一般用医薬品等の副作用に関する注意喚起について

副作用は必ず起こるものではありませんが、薬局やドラッグストア、インターネットなどで購入できる風邪薬などの一般用医薬品でも、死亡に至る又は後遺症が残る副作用が起こる場合もあります。
今回、消費者庁の発表では、平成21年から25年までの5年間で、一般用医薬品の副作用報告が1,225例あり、このうち、副作用で死に至った症例が15例、後遺症が残った症例が15例ありました。
しかし、一般用医薬品の副作用症状についてはまだ多くの人に知られておらず、副作用の発見が遅くなるおそれがあります。
「副作用の初期症状」を知っていただき、症状に気付いたらすぐに医師、薬剤師に相談しましょう。また、薬局などで一般用医薬品を購入する時には、薬剤師や登録販売者にアレルギーの有無や副作用の経験、持病、及び、併用している薬を伝えて相談し、副作用の説明を受けましょう。

一般用医薬品での重篤な副作用

  • スティーブンス・ジョンソン症候群
  • 中毒性表皮壊死症
  • 肝障害
  • 間質性肺炎
  • 腎障害(急性腎不全)
  • 喘息発作(アスピリン喘息等) 等

関連ファイル

消費者庁報道発表資料(H27年4月8日)(PDF:533KB)

お問い合わせ

所属課室:厚生部くすり政策課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館1階

電話番号:076-444-3234

ファックス番号:076-444-3498

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?