更新日:2022年3月25日

ここから本文です。

結核の治療

結核にかかったことが分かったら、服薬治療が必要になります。さらに、結核菌を排菌している状態では、入院治療が必要になります。服薬により排菌が止まると通院治療になりますが、服薬はその後もしばらく必要です。(なお、結核の確実な治療と、多剤耐性菌の出現防止のため、服薬するところを医療従事者などが直接確認しています。)
結核の治療のために必要な医療費については、治療を安心して続けていただけるよう、法律によって一部を公費で負担しています。必要な手続き(申請方法など)については、受診している医療機関や、最寄りの厚生センター・保健所にご相談ください。

結核医療費公費負担申請書(関連ファイル参照)については、お住いの管轄厚生センター又は支所へ申請してください。
(富山市にお住まいの方は富山市保健所に申請してください。なお、申請様式が異なりますので、富山市保健所へ確認してください。)

医療機関の方へ

結核医療費公費負担申請書が医療機関を経由して厚生センター又は支所へ提出される場合は、次のとおりご了知願います。

(関連ファイル参照)

  1. 公費負担申請書の医療機関における取扱いについて
  2. 参考資料
  3. 施設等における特定個人情報の取扱いについて
  4. 本人確認措置について

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?