トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 医療 > 国民健康保険制度改正について

更新日:2021年3月4日

ここから本文です。

国民健康保険制度改正について

平成27年5月に「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法の一部を改正する法律」が成立し、国民皆保険制度を将来にわたって守り続けるため、平成30年4月から、これまでの市町村に加え、県も国民健康保険を担うことになりました。(詳しくは、「ちらし」をご覧ください。)
厚生労働省ちらし
「平成30年4月から国民健康保険制度が変わります」
【制度改革の概要】

  • 県は、財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業運営の確保等の国保運営の中心的な役割を担います。
  • 市町村は、今までどおり、地域住民のみなさんと身近な関係の中、資格管理や保険給付、保険料(税)率の決定、賦課・徴収、保健事業の実施等の地域におけるきめ細かい事業を引き続き担います。(詳しくは、「リーフレット」をご覧ください。)
    リーフレット「平成30年度からの国民健康保険制度」

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:厚生部厚生企画課医療保険班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館1階

電話番号:076-444-3215

ファックス番号:076-444-4440

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?