更新日:2021年3月2日

ここから本文です。

古文書110番

当館では「古文書110番」サービスとして、自宅に伝わる古文書の解読や解説に応じています。

設置の趣旨

県内における古文書に関する相談、情報収集及び調査を行うことにより、歴史資料としての貴重な古文書の消失・散逸・劣化を防止するため、「古文書110番」を設置します。
自宅に伝わる古文書の救済を第一義としています。

古文書の解読

当館では、古文書救済の一環として、古文書解読のお手伝いをします。(歴史的価値がわかれば、大切に保存される)

次のことをご理解いただいた上で、ご依頼ください。

  • 一、依頼される方は、原則として県内在住の方といたします。
  • 一、古物等取引に関わる解読の依頼は受付けかねます。一旦受付けても、事実が判明次第、ご依頼をお断りすることになります。
  • 一、次に挙げる古文書は解読対象とはいたしません。
    1. 他者に所有権がある、または他者から預かっているもの
    2. 取引及び売買の対象となっている、またしようとするもの
    3. 漢詩・和歌・俳句等、独特の世界観で書かれたもの
    4. 写真の文字(機械の精度により解析が不正確となるため)
    5. 私的にやりとりにした書簡類
  • 一、購入物(軸物、額物)の鑑定や金銭的価値の評価はいたしかねます。
  • 一、簿冊・冊子の解読は、館内業務遂行の都合により、2~3枚程度といたします。
  • 一、その他、古文書の状態によっては解読できない場合があります。

お問い合せ先

富山県公文書館 資料課
〒930-0115 富山市茶屋町33-2
TEL(076)434-4050 FAX(076)434-4093

お問い合わせ

所属課室:経営管理部公文書館 

〒930-0115 富山市茶屋町33-2 

電話番号:076-434-4050

ファックス番号:076-434-4093

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?