更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

センター案内

富山県広域消防防災センター

センター全体図

※富山県広域消防防災センターでは、センター1階消防学校職員室前及び四季防災館1階に、AED(Automated External Defibrillatorの略称。自動体外式除細動器)を設置しております。

1 耐震性貯水槽

  • 地下埋設
  • 飲用に適した水を常時100t貯水

2 四季防災館

  • 1,000平方メートル
  • アプローチ手前にシンボリックに配置
  • 体験型学習施設
  • アクティブモールから訓練の様子も見学できる
  • 東側立山連峰への眺望

3 アクティブモール

  • 1,500平方メートル
  • 通常時・災害時に多目的に使える大屋根のある半屋外空間

4 管理施設

  • 2,330平方メートル
  • 広く県民に開かれた施設として、消防学校としてだけでなく、一般の防災学習、セミナー、研修会などにも活用可能な会議室・講堂を整備
  • 災害時には防災サブ拠点機能として各室を転用
  • 救急実習室に隣接して高規格型救急車を乗入可能なワークテラスを設置
  • 講堂を3分割しての模擬通信管制訓練対応

5 宿泊施設

  • 定員60人 1,635平方メートル
  • 可動ブースにより個人のプライバシーを確保した4人部屋の宿泊室
  • 宿泊棟から直接出られる専用のトレーニングデッキを完備
  • 女子専用の宿泊室・ユーティリティスペースを確保

6 主訓練塔

  • H=45m 1,430平方メートル
  • 地下水没訓練(水深1.2m対応)
  • 竪坑・横坑訓練室
  • 実火による消火訓練室
  • 濃煙・熱気発生装置を備えた可動間仕切による迷路避難訓練室
  • 各種建物を想定した消火訓練室
  • 高層階へのはしご車進入訓練
  • 地上30mでの渡過ロープ訓練

7 補助訓練塔

  • H=32m 1,065平方メートル
  • 技術大会仕様
  • 高さ30mの補助訓練塔による高所での渡過訓練が可能

8 水難救助訓練施設

  • 455平方メートル
  • 潜水プール(水深10m)
  • 気泡発生装置による濁水訓練対応

9 実火災訓練施設

  • 940平方メートル
  • 家屋の模型(可動式)を使用した消火訓練
  • 木材や油の炎(実火災訓練室510平方メートル)を用いて行う消火訓練

10 屋外訓練場

  • 10,000平方メートル
  • 一部透水性舗装により荒天時でも訓練可能

11 放水訓練場

  • 10,000平方メートル
  • 緊急時にはヘリポートとして転用可能

12 座屈・倒壊建物救助訓練施設

  • 160平方メートル程度
  • 倒壊したガレキ等からの救助訓練が可能

13 屋内訓練施設

  • 2,000平方メートル
  • 積雪・荒天時に配慮し、実火災訓練室へ向けて屋内放水訓練が可能
  • 2階デッキでの渡過訓練・降下訓練
  • 防火衣乾燥室を完備

14 備蓄倉庫

  • 600平方メートル
  • 屋内訓練場に併設
  • 災害時の荷捌きスペースを確保

15 訓練車両スペース

  • 480平方メートル
  • 防災啓蒙の意も含め訓練用車両をオープンに駐車可能
  • 雨天・積雪時は訓練スペースとなる

お問い合わせ

所属課室:危機管理局広域消防防災センター 

〒939-8241 富山県富山市惣在寺1090-1

電話番号:076-429-9911 

ファックス番号:076-429-9913

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?