トップページ > 防災・安全 > 防災・消防 > 富山県庁業務継続計画(富山県庁BCP)

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

富山県庁業務継続計画(富山県庁BCP)

東日本大震災において、地震・津波等による甚大な被害等が発生したことを踏まえ、富山県では、県民の一層の安全・安心の確保に資するため、地震・津波等の大規模災害が発生した場合の「富山県庁業務継続計画」を取りまとめました。(平成27年11月修正)
※計画は、関連ファイルからご覧ください

1 目的

大規模災害発生時においても、発災時の応急・復旧対策業務や、優先度の高い通常業務などについて、迅速・適切な業務執行を行うことにより、

  • 県民の生命、財産を守ること
  • 県民生活や県内企業の経済活動の維持と早期復旧に努めること
  • 業務継続のために必要な体制を構築し、必要な資源を有効に活用すること

を目的としています。

2 想定災害

呉羽山断層帯による直下型地震(M7.4)及びそれに伴う津波
呉羽山断層帯が全て同時に動いた場合を仮定した、最大規模の地震及び津波を想定

3 発災時に実施するべき業務の選定・整理

発災時の「震災対応業務」や、「一般継続業務(優先度の高い通常業務)」について、全所属が業務の開始目標時間等を設定し、選定・整理を行いました。

  • 発災時に実施するべき業務の数:1,618業務
    うち震災対応業務数 1,207
    うち一般継続業務数 411

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:危機管理局防災・危機管理課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-9670

ファックス番号:076-444-3489

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?