トップページ > 防災・安全 > 交通安全 > 歩行者の皆さん!道路を横断するときは横断歩道を渡りましょう!

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

歩行者の皆さん!道路を横断するときは横断歩道を渡りましょう!

道路横断中の事故が増えています

自動車対歩行者の事故については、その大半が道路横断中に発生しています。横断歩道は歩行者優先にもかかわらず、「信号機のない横断歩道における車両の一時停止率」の調査(令和元年8月に一般社団法人日本自動車連盟(JAF)実施)によると、本県は5.3%という結果となりました。94.7%のドライバーが、横断歩道で歩行者が渡ろうとしているにもかかわらず、一時停止をしないでそのまま通過していることとなります。

道路を横断するときは

  • 横断歩道を横断し、横断禁止場所では渡らないようにしましょう。
  • しっかり安全確認し、特に、横断の後半の車線を走行している車に注意しましょう。
  • 車がきていないか、車が自分に気付いているか確認してから渡りましょう。

夜間は反射材を着用しましょう

夜間にドライバーが歩行者を発見できる距離は、

  • 黒っぽい服装・・・約30m
  • 白っぽい服装・・・約40m
  • 反射材の着用・・・約120m

です。
反射材をつけることにより、ドライバーから発見されやすくなり、事故に遭いにくくなります。
慣れた道や、近所であっても、夕方から夜間にかけて外出する際は、必ず反射シールや反射タスキ等を身につけましょう。

関連ファイル

たっしゃけ気つけられェ運動(PDF:3,019KB)

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部県民生活課くらし安全班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館3階

電話番号:076-444-3129

ファックス番号:076-444-3477

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?