トップページ > くらし・健康・教育 > 環境・自然 > 環境 > 地下水を採取する場合は

更新日:2021年5月19日

ここから本文です。

地下水を採取する場合は

富山県地下水の採取に関する条例に基づき、規制地域又は観察地域において、揚水機の吐出口断面積が21平方cm を超える地下水揚水設備を設置する場合は、事前に届出が必要です。(規制地域においては、地下水採取量等の基準が定められています。)
 また、届出対象となる揚水設備には水量測定器を設置し、地下水採取量を記録するとともに、その結果を地下水採取量報告書により毎年度4月末日までに知事に報告する必要があります。(関連リンク「【電子申請】地下水の採取量報告」からご報告いただくことができます。)
※ 規制地域、観察地域を問わず、できる限り採取量を抑えるよう努めてください。特に、近年届出の多い消雪用の揚水設備については、以下の節水対策を講じた設備となるようご協力お願いします。

  • 交互散水方式等の節水型散水方式の採用
  • 降雪検知器(スノーセンサー)の設置
  • 1平方mあたりの散水量が、車道:0.25L/分以下、歩道・駐車場ほか:0.3L/分以下であること

地下水条例による規制内容や届出手続きについては、関連ファイルをご覧ください。ご不明な点は、環境保全課指導係にお問い合わせください。

届出様式は関連リンクへ。

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境保全課 

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング8階(駐車場:富山市新桜町9-17)

電話番号:076-444-3144 

ファックス番号:076-444-3481

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?