トップページ > くらし・健康・教育 > 環境・自然 > 環境 > 廃エアゾール製品等の排出時の事故防止について

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

廃エアゾール製品等の排出時の事故防止について

2018年12月16日、大量のエアゾール製品を廃棄するため、中身のガスを屋内で噴射し、これに引火して爆発・火災につながった事故が県外で発生しました。

ご家庭でお使いになったエアゾール製品及びカセットボンベをごみとして排出する際には、

  • (1)缶をカラにする。 ※火気のない風通しの良い屋外で作業してください。
  • (2)缶を振って音を聞き、中身が残っていないか確認する。

といった適切な取り扱いを行い、お住まいの市町村の定める方法に従って、ごみとして出しましょう。

※市町村によって、穴あけの有無など、ごみの出し方が異なりますのでご確認ください。

なお、一般社団法人日本エアゾール協会のホームページにおいて、エアゾール製品等の適切な取扱方法が掲載されておりますので、こちらもご覧ください(関連リンク参照)。

関連リンク

(一社)日本エアゾール協会(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境政策課 

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング8階(駐車場:富山市新桜町9-17)

電話番号:076-444-3141(廃棄物に関すること 076-444-9618)

ファックス番号:076-444-3480

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?