トップページ > 産業・しごと > 商工業・建設業 > 建設業 > 富山県産材パネル型枠の使用について

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

富山県産材パネル型枠の使用について

これまで県が施工する治山事業では、コンクリート型枠のほとんどがラワン合板型枠を使用していましたが、平成26年4月1日以降の入札工事から、県営治山事業の治山ダム工において、県産材で製作されたコンクリート用パネル型枠を使用しています。

仕様

  1. 富山県産スギを県内製材所等において板材(幅0.18m)に製材し、桟木を組み合わせて
    合板型枠と同寸法(縦0.9m×横1.8m、厚さ15mm)のパネル状型枠に製作したもの。
    {仕様書(製造編)、型枠図面 参照}
  2. 表面無塗装。剥離材の塗布不要。防腐剤や接着剤も不使用。
    {仕様書(施工編) 参照}

特徴

  1. どこでも、(製材所や工事現場でも)製作組立が可能。
  2. 埋設型の為、脱型作業が不用でスピーディかつ安全。
  3. 従来施工単価よりも安価。
  4. 低質木材でも使用可能。

対象事業と使用箇所

  1. 県営治山事業における重力式コンクリートダム(無筋)の上流側で、ダム完成時に上流側が土砂で満砂する箇所。
  2. 上流側の放水路より下側のみ。

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林政策課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3384

ファックス番号:076-444-4428

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?