更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

黒谷頭首工

片貝川黒谷頭首工を上流から撮影した画像

魚津市黒谷を扇頂に形成された、片貝川扇状地の農地(約1,500ha)をかんがいする農業用水を取水する施設で、発電用の取水も行っています。

また、用水の分水施設として、先人の知恵により造成された円周長比例によって分水する「円筒分水工」が2ヵ所あります。

  • 農業用水利用市町村:魚津市・黒部市の2市
  • 円筒分水工の位置
  • [左岸]魚津市貝田新地内
  • [右岸]魚津市東山地内
  • ※「頭首工」とは、河川などから用水路へ用水を取水するための堰(せき)です。
  • ※「円筒分水工」とは、分水工の中央部から縁へ用水を流し、隔壁によって通水断面を分割し、一定比率に分水する施設です。

片貝川の清流は「とやまの名水」に選定され、頭首工の直下流にある黒谷橋の右岸橋詰には、万葉の家人・大伴家持が清冽な雪どけ水が走る片貝川を歌った歌碑があります。

『可多加比の川の瀬清く行く水の絶ゆることなくあり通ひ見む』
(歌碑では“片貝”となっている)

近くの観光スポット

  • ⇒魚津歴史民族博物館....魚津市小川寺資料館 TEL(0765)31-7220 郷土館 TEL(0765)31-7045
    魚津駅の東、天神山城跡公園の中にあり、歴史民族資料館と吉田記念郷土館の2つの建物からなる魚津の歴史スポットです。
    天神山遺跡から出土した古代の石器や土器、群雄割拠の戦国時代を見つめた魚津城に関する資料、仏像や漆器といった工芸品、さらに農耕器具や漁具など先人の暮らしを伝える生活道具など約2000点を展示しています。
  • ⇒魚津水族館....魚津市三ヶ TEL(0765)24-4100
    日本海側最大の規模を誇り、「北アルプスの渓流から日本海の深海まで」の魚たちを中心に、500種以上の水生動物に出会えるマリンミュージアムです。
    なかでもダイビング気分が味わえる海中トンネルは圧巻で、マリンガールによる魚の餌付け、ほほえましい魚のショー、アザラシの餌付けなどお楽しみもいっぱいです。
  • ⇒魚津埋没林博物館....魚津市釈迦堂TEL (0765)22-1049
    いにしえの大地の声に耳をすましてください。
    今から約2000年前の海面上昇によって、かつて地上にあった杉の林が埋没したもので、この埋没林は国の特別記念物に指定されています。
    また、シアターでは、自然の不思議「蜃気楼」を上映しています。

魚津市東山地内
← 円筒分水工(上部より)

魚津市東山地内
← 円筒分水工(側面より)

 

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農村整備課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3375

ファックス番号:076-444-3437

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?