トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉 > 空き建築物のサービス付き高齢者向け住宅への転用事例

更新日:2023年6月6日

ここから本文です。

空き建築物のサービス付き高齢者向け住宅への転用事例

近年、増加傾向にある空き家や空き建築物の利活用については、地域の安全・安心や景観保全等の観点から大きな問題となっております。
一方、高齢者の住まいに関するアンケート(※)では、6割以上の方が住み慣れた地域での生活を希望しており、地域において住み続けることができる高齢者向けの住宅の整備が求められています。
これらの現状を踏まえ、県では空き建築物の活用により、整備されたサービス付き高齢者向け住宅の事例について、以下において、広く情報発信し、地域の安全・安心や当住宅の整備が一層促進されるよう努めてまいります。

※平成25年度 県政世論調査

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:土木部建築住宅課住みよいまちづくり班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 防災危機管理センター8階

電話番号:076-444-3359

ファックス番号:076-444-4423

関連情報

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?