更新日:2021年4月19日

ここから本文です。

建築物、防火設備の定期報告

富山県(富山市、高岡市を除く)で定期報告が必要な建築物、防火設備は以下の通りです。
提出先は県の各土木センターです。担当する区域については関連リンク『確認申請等相談窓口』を参照願います。

建築物の定期調査報告

報告対象建築物の用途、規模、報告時期については下表を参照願います。(調査については、一級建築士、二級建築士または特定建築物調査員が行ったものでなければなりません。)
下表の複数の用途に該当する場合は、合計面積などで報告対象となる場合がありますので、詳細について所管する各土木センターに問合せ願います。

なお、対象建築物が新築または改築工事の検査済証の交付を受けた場合のみ、直後の報告時期について報告が免除されます。

報告対象建築物一覧






 

防火設備の定期検査報告

報告対象となる防火設備は、下表の建築物に設ける下記の防火設備です。(検査については、一級建築士、二級建築士または防火設備検査員が行ったものでなければなりません。)

  • 防火戸その他火災を遮る設備(常時閉鎖式のもの、防火ダンパーを除く)
    ※火災警報器と連動して作動する防火ドアや防火シャッターなど

建築物の規模については、建築物として報告対象となるものと一部異なりますのでご注意願います。

なお、建築物と同じく、対象防火設備が設けられた建築物が新築または改築工事の検査済証の交付を受けた場合のみ、直後の報告時期について報告が免除されます。

防火設備対象一覧

提出書類、様式について

定期報告の際に必要な書類は以下のとおりです。

建築物

  • 定期調査報告書(第三十六号の二様式)
  • 特殊建築物等の調査結果表(別記様式)
  • 特殊建築物等の調査結果図(別添1様式)
  • 特殊建築物等の関係写真(別添2様式)
  • 定期調査報告概要書(第三十六号の三様式)

【建築物のみが報告対象となっている場合で、随時閉鎖又は作動をできる防火設備がある場合は、次の書類も添付してください。】

  • 防火設備の検査結果表(別記様式)
  • 防火設備の調査結果図(別添1様式)
  • 防火設備の関係写真(別添2様式)

防火設備

  • 定期検査報告書(第三十六号の八様式)
  • 防火設備の検査結果表(別記様式)
  • 防火設備の検査結果図(別添1様式)
  • 防火設備の関係写真(別添2様式)
  • 定期検査報告概要書(第三十六号の九様式)

【様式データは関連ファイルからダウンロードしてください。】

関連ファイル

関連リンク

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:土木部建築住宅課建築指導係

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館4階

電話番号:076-444-3963

ファックス番号:076-444-4423

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?