トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 医療 > 富山県不育症検査費用助成事業について

更新日:2021年8月20日

ここから本文です。

富山県不育症検査費用助成事業について

富山県では、現在、研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として実施されるものを対象に、検査に要する費用の一部を助成しています。

1助成対象及び対象となる検査

次の各要件を満たす方

(1)2回以上の流産、死産の既往がある方

(2)治療日及び申請時現在において、富山県内(富山市除く)に住所を有する方

(3)以下の検査を受けられた方

  • 先進医療として告示されている不育症検査(流産検体を用いた染色体検査)
  • 上記検査の実施機関として承認を受けており、保険適用されている不育症に関する治療・検査を、保険診療として実施している保険医療機関(※)において行われる検査

保険医療機関の一覧は厚生労働省のホームページ(25流産検体を用いた染色体検査)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

2助成金額

1回の検査における検査費用(対象となる検査に要した部分に限る)につき5万円を限度に助成します。

3必要書類

(1)富山県不育症検査費用助成事業補助金交付申請書(別紙1)

(2)富山県不育症検査費用助成事業検査受検証明書(別紙2)

  • 検査を実施した医療機関において作成してもらい、提出してください。

(3)不育症検査結果個票(別紙3)

(4)医療機関が発行する検査費用に係る領収書及び明細書(原本)

(5)住民票(マイナンバーの記載がないもの)(原本)

  • 発行後3か月以内のものをご提出ください。

(6)申請者の振込口座の通帳等の写し

(1)~(3)については、下記の関連ファイルよりダウンロードできます。

4申請期限

検査が終了した日の属する年度の末日(年度とは、毎年4月1日から3月31日までの期間といいます。)

治療終了後はできるだけ速やかに申請ください。

年度の末日までに申請できない場合は、3月31日までに申請窓口にご連絡ください。

5申請窓口及び相談窓口

富山県厚生部健康対策室健康課母子・歯科保健担当あてに必要書類を持参又は郵送してください。

郵送先:〒930-8501富山県富山市新総曲輪1-7

富山県厚生部健康対策室健康課母子・歯科保健担当

受付時間:平日の午前8時30分~午後5時00分

なお、富山市にお住いの方は、富山市の助成制度の対象となりますので、富山市こども健康課(TEL:076-443-2248)へお問い合わせください。

 

富山県不妊専門相談センターのご案内

不妊や不育に関することで、迷ったり、悩んだり、疲れたりしている時に、お気軽にご相談ください。

(TEL:076-482-3033)

相談日等の詳細は、下記の関連リンクをご覧ください。

関連ファイル

関連リンク

 

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課母子・歯科保健担当

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3226

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?