トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 医療 > 人材 > 医師確保・支援 > とやまの医師確保対策 > 富山県地域医療確保修学資金貸与制度(令和6年度金沢大学医薬保健学域医学類「KUGS特別入試特別枠(富山県枠)」対象)

更新日:2023年11月2日

ここから本文です。

富山県地域医療確保修学資金貸与制度(令和6年度金沢大学医薬保健学域医学類「KUGS特別入試特別枠(富山県枠)」対象)※募集は終了しました

国立大学法人金沢大学医薬保健学域医学類では、国の緊急医師確保対策などに基づき平成22年度から入学者選抜を実施しています。

富山県では、将来、富山県内の地域医療を担う人材を育成する観点から、令和6年度金沢大学医薬保健学域医学類のKUGS特別入試特別枠(富山県枠)(以下、金沢大学特別枠(富山県枠)という。)の入学者に対して、富山県地域医療確保修学資金を貸与します。

この修学資金は、大学を卒業後、医師となり、その後、指定された臨床研修病院(金沢大学附属病院、富山県内の臨床研修病院)で2年間の臨床研修を修了した後、富山県知事が貸与生ごとに指定する富山県内の医療機関において、地域医療に必要な診療科の診療に従事し、9年間勤務した場合に、返還が免除されます。
(返還免除の条件を満たさない場合は、貸与額に所定の利子率(5%)を乗じて得た額を返還していただきます。)

また、別に定めるキャリア形成卒前支援プラン及びキャリア形成プログラムの適用を受けることとなります。

金沢大学特別枠(富山県枠)は、入学後、この修学資金の貸与を受ける者を対象としており、出願の前に、富山県に修学資金の貸与希望について申請を行い、出願時には、選考の結果交付された「富山県知事の推薦書」を金沢大学に提出する必要があります。

修学資金貸与希望者の募集要領をご案内しますので、将来、富山県の地域医療を担う医師を目指す方は、関連ファイルをダウンロードしてご覧ください。

金沢大学では文部科学省に申請中のため、募集要項が公表されておりませんが、募集が可能となった場合、出願には前もって実施する富山県の修学資金貸与の選考の結果交付された「富山県知事の推薦書」が必要です。金沢大学特別枠(富山県枠)の出願を予定している方はこの修学資金への申請を必ず行ってください。

金沢大学の入試情報については、関連リンク「金沢大学受験生特設サイト(入試情報)」を参照してください。

【修学資金に関するお問い合わせ先】
〒930-8501
富山県厚生部医務課医師・看護職員確保対策班
電話:076-444-3218(直通)
E-mail:doctor-t@esp.pref.toyama.lg.jp

関連ファイル

関連リンク

金沢大学ホームページ(入試情報)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:厚生部医務課医師・看護職員確保対策班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3218

ファックス番号:076-444-3495

関連情報

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?