更新日:2021年3月4日

ここから本文です。

国民健康保険料(税)

国民健康保険料(税)

国保に加入すると同時に、世帯主(組合員)は保険料(税)を負担することになります。納められた保険料(税)は、国や県の補助とあわせて、被保険者が病気やけがをしたときの医療費をはじめ、保険給付の費用に充てられます。

1 保険料(税)納付(税)義務の発生と消滅

保険料(税)を納めるのは、国保に加入する届け出をした月からではなく、資格が発生した月からです。介護保険2号被保険者(40歳から65歳未満の方)は、介護納付金分も納めることになっています。届け出が遅れると、さかのぼって保険料(税)を納めることになります。国保の資格が喪失したときは、その月の前月分まで納めることになります。

2 保険料(税)の決め方

保険料(税)は、その年に必要と見込まれる医療費総額をもとに、各市町村・国保組合の実情に応じて決められます。また、国保の被保険者は、比較的低所得者が多く、保険料(税)負担が過重となっているものがあり、これを避けるため、一定の所得以下の世帯については、保険料(税)の一部が軽減されることになっています。

3 保険料(税)の軽減と減免

国保の被保険者には、比較的低所得者が多く、保険料(税)負担が過重となっているものがあり、これを避けるため、一定の所得以下の世帯については、一部軽減されることになっています。
また、保険料(税)の減免は、市町村の条例に定めるところにより、災害時により生活が著しく困難となった場合などに適用されます。

お問い合わせ

所属課室:厚生部厚生企画課医療保険班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館1階

電話番号:076-444-3215

ファックス番号:076-444-4440

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?