トップページ > くらし・健康・教育 > 教育・子育て > 学校・大学 > 入学・入園関連 > 県外からの富山県立学校への転入学・編入学

更新日:2021年8月23日

ここから本文です。

県外からの富山県立学校への転入学・編入学

1.転入学受け入れの条件

  • 一家転住またはこれに準ずる特別な事情がある場合に受け入れます。
  • 在籍校から送付された資料と転入学試験・面接等の結果に基づき転入学を認めます。

2.転入学受け入れ校

  • 転入学の受け入れは、教育上支障のない限りすべての学校で取り扱います。
  • 転入学は、同一の小学科の間において行われますが、教育課程が類似する大・小学科の間において、校長が判断し認めることがあります。
  • 普通科の転入対象高等学校については、通学区域設定規則によります。(居住予定の区域とその隣接区域の高等学校が対象となります。)

3.受け入れの時期

  • 転入学試験はすべての全日制県立高等学校と一部の定時制高等学校で、ほぼ学期末(7月、12月、3月)に3回実施します。ただし、緊急の場合は7月、12月、3月以外に行う学校もあります。

4.転入学の手続

  • (1)現在在籍する高等学校から希望する高等学校へ、転学照会します。(予め、余裕を持って連絡を取ってください。)
  • (2)学校間で必要な書類のやりとりを行います。
  • (3)転入学試験の実施日程を確認します。
  • (4)転入学試験を受験します。
  • (5)転入試験の合否の発表があります。(試験当日に発表)

5.転入学試験

  • 転入学試験は、各学校が試験教科等を定め、ほぼ学期末(7月、12月、3月)に実施します。
  • 日程が重ならない限り、複数校の転入学試験を受験できます。
  • 転入学試験の結果は当日分かります。複数校を受験する場合は、最初に転入学が許可された学校に転入学することになります。

6.高等学校新入学予定者の受け入れ(転入学に準ずる)

  • 他県の高等学校を受験し、合格発表のすぐ後に、転勤等で本県へ転居しなければならない生徒を対象とします。
  • 転学希望の生徒に対して、既に合格している高等学校長の合格証明書・学力検査成績及び出身中学校からの調査書等をもとに、受け入れ高等学校長が転入学について判断します。

7.編入学試験(転入学に準ずる)

  • 相当年齢に達し、相当学年の者と同等以上の学力があると認められた者に対し、受け入れ高等学校長が試験等を実施したうえで編入学を許可します。

なお、県外高等学校への転出については、在籍する高等学校を通じ、希望する高等学校へ転学照会し、上記の4転入学の手続きに従って進めて下さい。

転入学・編入学等の問い合わせ先

富山県教育委員会県立学校課高校教育係
TEL.076-444-3450
FAX.076-444-4437

関連ファイル

令和3年度 富山県立学校転・編入学受け入れ計画(PDF:103KB)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会県立学校課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館4階

電話番号:076-444-3448

ファックス番号:076-444-4437

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?