トップページ > くらし・健康・教育 > 生活・税金 > 生活一般 > 野生動物への餌付けについて

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

野生動物への餌付けについて

野生動物は、自然の中で、自然のままの食べ物を食べて生きています。
通常、野生動物は人を恐れており、人と適度な距離をおいて自然の中で暮らしています。
自然の中で生きている野生動物に、人がエサを与えると、人にエサをもらうことに慣れてしまい、自らエサをとることができなくなるおそれがあります。
また、人の食べ物の味をおぼえた結果、人前に頻繁に現れるようになり、ふん害や騒音等の生活環境被害を発生させ、ときには人に襲いかかってくることもあり、疾病感染の原因となることがあります。人とのトラブルを起こすようになると、駆除されてしまう場合もあります。
人身被害や農林業被害等を防ぐためにも、野生動物にエサを与えないよう、皆様のご理解とご協力をお願いします。

関連リンク一覧

環境省 クマやサルなど野生動物への餌付け防止について(外部サイトへリンク)

関連ファイル

環境省 餌付け防止について(PDF:16KB)

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部自然保護課 

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング6階

電話番号:076-444-3396

ファックス番号:076-444-4430

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?