トップページ > くらし・健康・教育 > 環境・自然 > 環境 > 土地の形質の変更を行おうとする場合には(土壌汚染対策法関係)

更新日:2022年7月1日

ここから本文です。

土地の形質の変更を行おうとする場合には(土壌汚染対策法関係)

一定の規模以上の土地の形質の変更時の届出について

一定規模以上の土地の形質の変更をしようとする者は、知事(富山市の区域においては富山市長)へ届出を行う必要があります。

詳細については、下の関連ファイルをご覧ください。

土地の形質変更・・・いわゆる切土・盛土のほか、基礎掘起こしに伴う周囲の土壌の除去、土壌の仮置き・堆積、砂利敷き、アスファルト舗装の撤去に伴う路盤材(砂利)の除去、地盤改良、杭打ち、鋼矢板打設など「原地盤の形状または性質を変更させる行為全般」をいいます。(詳細は、関連ファイル「(参考)土壌汚染対策法第4条第1項の届出について(啓発ちらし)」の注意1、2をご覧ください。)

 

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境保全課 

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング8階(駐車場:富山市新桜町9-17)

電話番号:076-444-3144

ファックス番号:076-444-3481

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?