トップページ > くらし・健康・教育 > 環境・自然 > 環境 > 北朝鮮の核実験に係る環境放射能の測定結果について

更新日:2021年3月22日

ここから本文です。

北朝鮮の核実験に係る環境放射能の測定結果について

平成29年9月3日に北朝鮮が実施した核実験による本県への影響を把握するため、空間放射線量率の監視のほか、原子力規制庁からの依頼により、大気浮遊じん及び降下物(雨・ちり)の放射能モニタリングを強化しました。
これまでの間、空間放射線量率は平常値のまま変化はなく、また、大気浮遊じん及び降下物からは人工放射性核種(放射性ヨウ素、放射性セシウム等)も検出されませんでした。
結果については、以下のリンクをご覧ください。

環境放射能の測定結果について(PDF:134KB)(9月12日15時現在)

なお、9月12日に国のモニタリングが通常体制に移行したことを受け、富山県におけるモニタリングについても通常時の体制に戻しました。

※ 全国の調査結果は原子力規制庁のホームページ「北朝鮮による核実験実施に対する放射能影響の観測結果について

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境保全課 

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング8階(駐車場:富山市新桜町9-17)

電話番号:076-444-3144 (ガス・火薬・電気工事に関すること 076-444-3142)

ファックス番号:076-444-3481

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?