更新日:2021年7月1日

ここから本文です。

農福連携について

農福連携とは、障害のある方の農業分野での活躍を通じて、自信や生きがいを創出し、社会参画を促す取り組みのことであり、農業の視点からは、人手不足の農業現場における貴重な働き手となることが期待でき、福祉の視点からは、働く場の確保や工賃向上、社会参画の実現などが期待される重要な取り組みです。

国や県では「農業・農村」及び「福祉(障害者等)」双方の課題解決と利益(メリット)があるWin-Winの取組として農福連携を推進しています。

富山県の農福連携推進の取組みについて

富山県では、令和元年度に「富山県農福連携推進検討会議(R元年10月設置)」において、「富山県における農福連携の推進方策・体制等について」をとりまとめました。

また、令和2年度には、検討会議でとりまとめた内容を踏まえ、農業側、福祉側双方の関係機関・行政が連携する体制を構築し、農福連携を推進するため、新たに「富山県農福連携推進会議」を設置(R2年7月)して農福連携の推進を図っています。

推進体制

推進体制図

推進方策

1.農業側と障害福祉側の相互理解の醸成

2.農福連携のマッチングの仕組みづくり

3.農福連携に関する専門人材の育成

4.障害者が働きやすい環境の整備

 

お知らせ

令和3年7月1日:「農福連携導入チャレンジ支援事業」の公募を開始しました。

  • 詳細は関連リンクをご覧ください。

 

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農業経営課団体指導検査班

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル10階

電話番号:076-444-3274

ファックス番号:076-444-4408

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?