トップページ > 県土づくり > 道路・港湾 > 富山県富山港事務所 > 中島閘門(国指定重要文化財)

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

中島閘門(国指定重要文化財)

中島閘門

中島閘門は、富岩運河の中流部(河口から約3.1km上流)に、運河の開削にあわせて昭和9年(1934年)に設置されました。
平成10年には、建設から64年経過し、老朽化したことから、復元工事を行いました。
中島閘門は、平成10年5月に、昭和の土木構造物では全国で初めて国の重要文化財に指定されました。
また、平成22年には、中島閘門操作室が復元されました。

詳しくは関連ファイル「中島閘門パンフレット」をご覧ください。

概要

中島閘門概要

通行模式図

中島閘門模式図

沿革

中島閘門沿革

中島閘門操作室

復原された中島閘門操作室

関連ファイル

中島閘門パンフレット(PDF:2,596KB)

お問い合わせ

所属課室:土木部富山港事務所 

〒931-8358 富山市東岩瀬町海岸通り5 

電話番号:076-437-7131

ファックス番号:076-437-7169

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?