トップページ > 産業・しごと > 入札情報・公共工事・公募型プロポーザル > 公共工事 > 賃金等の変動に対する工事請負契約書第25条第6項(インフレスライド条項)の適切な運用について

更新日:2021年3月9日

ここから本文です。

賃金等の変動に対する工事請負契約書第25条第6項(インフレスライド条項)の適切な運用について

  • 更新情報
    令和3年3月1日
    令和3年3月から適用する公共工事設計労務単価が決定・公表され、賃金水準の変更が行われたことに伴い、既契約工事の一部について、インフレスライドの適用対象となることが想定されます。

参考 工事請負契約書(抜粋)

第25条第6項
発注者又は受注者は、前各項の規定にかかわらず、予期することのできない特別の事情により、工期内に日本国内において急激なインフレーション又はデフレーションを生じ、請負代金額が著しく不適当となったときは、請負代金額の変更を請求することができる。

関連リンク

富山県土木部発注工事における「インフレスライド条項」について

お問い合わせ

所属課室:土木部建設技術企画課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館4階

電話番号:076-444-3316

ファックス番号:076-442-7954

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?