トップページ > 県土づくり > 土木一般 > 「フライアッシュコンクリート試行工事」についてのお知らせ

更新日:2021年3月31日

ここから本文です。

「フライアッシュコンクリート試行工事」についてのお知らせ

フライアッシュコンクリートとは、フライアッシュを混和材として用いるコンクリート及びフライアッシュセメントを用いるコンクリートです。
(フライアッシュ:石炭火力発電所で石炭を燃やした後に排出される石炭灰のうち、電気集塵機で採取される球形微粒子)
フライアッシュコンクリートには、耐久性の向上、アルカリシリカ反応(ASR)抑制効果等の特性があります。

県土木部では、下記のとおりフライアッシュコンクリート試行工事を実施しています。

1 試行対象工事

発注者で指定する工事、受注者が希望する工事

2 適用マニュアル

試行工事の実施にあたっては、「北陸地方におけるフライアシュコンクリートの配合・製造及び施工マニュアル(案)(平成30年12月)」(北陸地方におけるコンクリートへのフライアッシュへの有効利用促進検討委員会:以下 委員会という)に準拠するものとする。

3 設計図書、参考資料の取扱い

  • (1)名称の扱い
    試行工事の対象となる構造物については、設計図、参考設計図、工事費積算書(金抜き設計書)、参考工事数量計算書にコンクリートの呼び方が「高炉」または「BB」と記述されているものを「フライアッシュ」または「FB」と読み替えるものとする。
    なお、数量総括表については、フライアッシュコンクリートであることを明記することとする。
    (BB:高炉セメントB種 FB:フライアッシュセメントB種)
  • (2)特記仕様書への明示
    試行工事の特記仕様書として、別紙「フライアッシュコンクリート試行工事特記仕様書」を明示するものとする。
  • (3)フライアッシュコンクリートの単価
    フライアッシュコンクリートの積算単価は、同地区、同規格の高炉B種コンクリートと同単価とする。

4 フライアッシュコンクリートの配合

「コンクリート標準配合の改定について(平成30年6月21日付建技第98号)」の「1-1コンクリート標準配合」で定める使用目的別の配合を準用する。(セメントの種類「B・B」を「フライアッシュコンクリート」に読み替える。)
また、混和材としてフライアッシュを使用する場合は、「最大水セメント比」を「最大水結合材比」と読み替えるものとする。

5 品質管理等

試行工事については、コンクリートの品質管理を「富山県土木工事施工管理基準 品質管理基準」により実施することとする。
試験項目のうち、「スランプ試験、空気量測定、打設時コンクリート温度、圧縮強度試験」については、下表のとおり取りまとめるものとする。
なお、試験の頻度等は受発注者間で協議の上決定することとする。

コンクリート性状及び圧縮強度試験結果

その他、後日指定する工事については、委員会事務局(北陸電力(株)(担当:土木部土木技術チーム))が施工性、品質の確認試験を実施しますので、協力をお願いします。
(費用については、委員会事務局が負担します。)
試験内容 ポンプ圧送性、ブリーディング状況、コンクリート温度測定、ひずみ測定等

6 結果等の報告について

完成検査終了後、受注者が記入した「フライアッシュコンクリート試行工事に関するアンケート」を提出することとする。

7 受注者希望による実施について

試行対象外の工事でも、受注者がフライアッシュコンクリート試行工事の実施を希望した場合は、受発注者協議の上、試行対象とすることができる。

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:土木部建設技術企画課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館4階

電話番号:076-444-3316

ファックス番号:076-442-7954

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?