トップページ > 県土づくり > 都市計画・建築 > 建築 > 富山空港周辺での建物等設置の高さ制限について

更新日:2021年3月25日

ここから本文です。

富山空港周辺での建物等設置の高さ制限について

航空機が安全に運行できるように、飛行場周辺においては高さを制限する表面が設定されています。
この表面を「制限表面」といいますが、制限表面を超える高さの建物等(建物、避雷針、テレビアンテナ等の物件や工事用のクレーン、足場等の仮設物、さらに植物の植栽等も含まれます。)を設置することは、原則として法律(航空法第49条)で禁止されています。
また、制限表面以下であっても、制限表面に著しく近接する場合(制限表面下6mの範囲)には、航空障害灯の設置が必要となることがあります。
上記に該当する建築物の設置やクレーン作業等を予定されている方は、下記の関連ファイルを参照のうえ、富山空港管理事務所まで事前にご連絡・照会をお願いいたします。

富山空港制限表面図

制限表面図

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:地方創生局富山空港管理事務所 

〒939-8252 富山市秋ヶ島30 富山空港ターミナルビル3階

電話番号:076-495-3055

ファックス番号:076-495-3064(開所時間:6:00~22:00)

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?