トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 高齢者 > 地域包括ケアシステム構築推進のための共同宣言の採択について

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

地域包括ケアシステム構築推進のための共同宣言の採択について

富山県における地域包括ケアシステム構築の推進をめざした、「地域包括ケアシステム構築推進のための共同宣言」が採択されました。
今後は、地域包括ケアシステム構築に向けた取組みを県全体で加速させるため、地域包括ケア実践団体の認定・登録などの普及啓発活動や市町村への支援に積極的に取り組んでいきます。

1 経緯

会議写真本県における地域包括ケアシステム構築に向け、平成26年6月に「富山県地域包括ケアシステム推進会議(会長:石井知事)」を設置し、官民一体となった取組みについて検討してまいりました。
会議での意見等を踏まえて、今後、地域・事業者・行政がそれぞれの役割として取り組むべき事項を取りまとめ、その実行に向けての共同宣言を、平成27年2月12日に開催した「第2回富山県地域包括ケアシステム推進会議」において、構成員全員の総意として、採択したものです。

2 宣言の概要(全文は関連ファイルのとおり)

団塊の世代がすべて75才以上となる2025年に向け、県民自らが健康づくりに取り組み、健康寿命日本一を目指すとともに、高齢者自身を含めた県民も事業者も地域社会の一員として、高齢者等の生活を支える担い手となる意識をもち、以下に取り組みます。

  • 若い時からの健康づくりと効果的な介護予防の実践
  • 多様な担い手による生活支援・見守り体制の構築
  • できる限り住み慣れた地域で安心して暮らすことができる医療・介護サービス提供体制と高齢者の住まいの確保
  • ICTの活用等による効率的・効果的なサービスの推進
  • 官民連携した地域体制づくりと地域資源の確保・開発、普及啓発の推進

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:厚生部高齢福祉課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3204

ファックス番号:076-444-3492

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?