トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 医療 > 薬物乱用ダメ。ゼッタイ。(薬物乱用Q&A、相談窓口)

更新日:2021年7月14日

ここから本文です。

薬物乱用ダメ。ゼッタイ。(薬物乱用Q&A、相談窓口)

麻薬・覚醒剤・大麻・危険ドラッグなどの乱用をなくそう
ダメ・ゼッタイ!

薬物乱用とは?

医薬品を医療目的以外に使うことまたは医療目的のない薬物を不正に使うこととされています。
現在、わが国で乱用されている薬物には、次のようなものがありますが、それぞれ法律で厳しく規制されています。
合法的(医療等)な目的でなければ、たとえ1回の使用であっても乱用にあたるとされています。

乱用される薬物

  • 覚醒剤(メタンフェタミン、アンフェタミン)
  • 麻薬(ヘロイン、コカイン、MDMA、LSD等)
  • 向精神薬(トリアゾラム、ニトラゼパム等)
  • 大麻(マリファナ等)
  • 有機溶剤(シンナー、トルエン等)
  • あへん、けし
  • 危険ドラッグ

薬物乱用Q&A

Q覚醒剤を使用するとどうなるのですか?

A
一時的に気分が高揚し、自信が増し、疲労感がとれたように感じると言われていますが、それはみせかけのものです。効果が切れると激しい疲労感、ゆううつ感に襲われます。繰り返し使用するうちに中枢神経に異常をきたし、幻覚や妄想におびやさかれます。また、身体にもいろいろと障害が出てきます。

Qシンナーを乱用すると頭が悪くなるって本当ですか?

A
シンナーは1回でも吸うと、また、吸いたくなります。繰り返し吸っているうちに、次第に物忘れをしたり、性格が変わってしまったり、無気力になってしまいます。そして、幻覚が現れはじめ、ついには精神異常になります。また、脳が縮んだり、手足がしびれたり、視力障害を起します。また、吸い方によっては、死んでしまうことがあります。

Q危険ドラッグの恐ろしさは何ですか?

A
危険ドラッグは、合法ドラッグ、合法ハーブ、お香、アロマなどと称して販売されていますが、危険ドラッグを吸引し、意識障害やおう吐、けいれん、錯乱などを起こし、救急搬送されたり、死亡したりする事件が発生しています。
危険ドラッグは原料に何が含まれているのか、また、身体にどのような悪影響を及ぼすか全く分からないため、麻薬や覚醒剤と同じかそれ以上の恐ろしさがあります。

Q依存性ってどういうことですか?

A
1回ぐらいならと思っても、また使いたくなり、繰り返し使ううちに薬物の使い方のコントロールがきかなくなってしまうことを「依存性」といいます。これは、全ての乱用薬物に共通した恐ろしい性質です。

Qフラッシュバックってなんですか?

A
薬物乱用の害は、長い間続きます。乱用をやめ、治療しても、何らかの刺激で、突然、精神異常が起こることがあります。これを再燃現象(フラッシュバック)といいます。覚醒剤の乱用でひとたび精神異常が生じると、治療によって表面上は回復しているようでも、精神異常が再発する下地が残ってしまうからです。

Q薬物乱用をはじめる動機は何ですか?

A
同級生や身近な人々に勧められたり、海外旅行先で遊び半分に使ううちに薬物の依存性に染まってしまうというケース、偶然行った友達のパーティで使用したり、「やせる薬」「肩こりに効く」「眠気が覚める」「疲れがとれる」などと親切に見せかけた誘いの言葉に、つい乗せられてしまうケースがあります。薬物乱用の恐ろしさをしっかり理解し、勇気を持って断ることが大切です。

Q薬物乱用によって生まれてくる赤ちゃんに影響があるんですか?

A
女性が妊娠中にシンナー、コカインなどの薬物を使うと、赤ちゃんが死んで生まれたり、先天異常が生じたりします。また、大麻によって、男性の精子も変化をうけることが報告されています。
このように薬物乱用は自分たちだけでなく、次の世代にまで影響を及ぼします。

Q薬物乱用者はどうして、犯罪を起してしまうんですか?

A
薬物の乱用によって引き起こされた精神異常による幻覚、妄想に支配されて、粗暴な行動に走り、見ず知らずの人を突然襲ったりする凶悪な殺人事件も起こっています。また、薬物を買う金欲しさに、家財道具を処分したり、窃盗、恐喝、脅迫等の事件を起しています。

~麻薬・覚醒剤・大麻・危険ドラッグ等についての相談は~

富山県厚生部くすり政策課 076(444)3234
新川厚生センター 0765(52)1225
魚津支所 0765(24)0359
中部厚生センター 076(472)1234
高岡厚生センター 0766(26)8416
射水支所 0766(56)2666
氷見支所 0766(74)1780
砺波厚生センター 0763(22)3511
小矢部支所 0766(67)1070
富山市保健所 076(428)1155
  • 富山県警察本部相談110番076(442)0110
  • 最寄りの警察署

※啓発用ビデオ、パネル等の貸し出しも行っていますので、集会等にご利用下さい。
詳細は上記へご連絡下さい。

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:厚生部くすり政策課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館1階

電話番号:076-444-3234

ファックス番号:076-444-3498

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?