更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

妊娠初期のからだの変化

妊娠の初期症状として代表的なのは、月経の遅れ、吐き気、おう吐です。

多くの女性は月経が遅れることで「あれ?妊娠したかな?」と思うでしょう。月経周期が規則正しい人の場合、月経が2週間も遅れると妊娠している確率は高いといわれています。しかし、月経不順の人にとって、月経の遅れにより妊娠に気づくことは難しいかもしれません。さらには吐き気やおう吐などの「つわり」症状で気がつくことも。一般的につわりは、妊娠4週ごろから始まります。(月経予定日が妊娠4週です。)

出産までの流れ(週数別)(PDF:12,218KB) (PDFが開きます)

つわりのときは栄養価やバランスを考えすぎないで。

「つわり」は妊娠初期に見られる生理的な現象で、妊婦なら誰でも経験します。妊娠10週から12週頃に最も強くなり、14週にはかなり軽くなっていることが多いでしょう。つわりは、空腹時にムカムカと吐き気があり、食事をするとおさまってラクになります。食事をしても吐き気がおさまらず、毎回吐き出してしまうような場合は「妊娠悪阻(おそ)」といって病的なつわりで体重が5%以上減少する場合は受診した方がよいでしょう。尿検査によりケトン体陽性反応が出た場合は、栄養不足状態ですので治療が必要です。極度の栄養障害ではビタミンB1の欠乏により、記憶力の低下が起こる可能性があります。重篤な場合は記憶力低下が戻らない場合があるので、適切な治療を受ける必要があります。早期に点滴とビタミンB1補充でほとんどが回復します。つわりで食欲がない時は、食べられるものを食べられるだけ食べ、1回の食事量を少なくして回数を増やすと良いでしょう。胎児には母体から優先的に栄養が供給されますので、発育への影響を心配することはありません。神経質になりすぎず、気分転換やリラックスを心がけてくださいね。

妊娠の初期症状、妊娠週数の数え方

お話をきいた人 / 元富山県立中央病院 中野隆医師

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?