トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 健康 > 被爆二世健康診断について(案内)

更新日:2021年3月18日

ここから本文です。

被爆二世健康診断について(案内)

被爆二世の方のなかには、健康面での不安を訴え、健康診断を希望する方が多いことから、国が各都道府県、広島市及び長崎市に委託をして健康診断を実施しています。
本県でも毎年10月ごろに被爆二世健康診断を実施しています。

対象となる方

両親又はそのどちらかが原爆被爆者で、広島被爆は昭和21年6月1日以降に、長崎被爆は昭和21年6月4日以降に生まれた、富山県内に在住の方
※県外に在住の方は、お住いの都道府県庁等へお問い合わせください。

検査費用

原則、自己負担はありません。
ただし、検査の結果、より詳しい検査が必要となった場合は、一部自己負担となる場合があります。
また、医療機関までの交通費は自己負担となります。

実施時期及び実施医療機関

毎年10月ごろ、富山赤十字病院で実施しています。

申込方法

これまで富山県で被爆二世健康診断を受診したことがない方は、被爆二世健康診断案内申込書(ワード:40KB)に必要事項を記載して印刷し、以下の書類を同封のうえ、9月15日までを目途に、ページ下段の「お問い合わせ」先へ郵送してください。

  • 戸籍謄・抄本(全部・個人事項証明書)(申込者と被爆者との親子関係が分かるもの)
  • 申込者の住民票記載事項証明書
  • 被爆者の被爆者健康手帳の写し(手帳の記載事項が分かるよう、表紙を開いてコピーしてください。)

なお、これまでに富山県で被爆二世健康診断を受診されたことがある方は、申し込みは不要です。
受診案内は、受診月の1か月ほど前に郵送します。

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?