トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 健康 > 【医療機関等の皆様へ】福祉医療費の現物給付の方法の変更について

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

【医療機関等の皆様へ】福祉医療費の現物給付の方法の変更について

富山県と市町村では、乳幼児、妊産婦やひとり親家庭、心身障害者の方々を対象に、医療費の助成を行っています。(関連リンクを参照ください)
その助成の方法は「現物給付方式」と「償還払い方式」に分かれていますが、「現物給付方式」では医療機関の受診時に「福祉医療費請求書」を提出することとしております。
今般、この方法をあらため、公費負担者番号を用いた方式(いわゆる「併用レセプト」方式)での現物給付を平成31年4月より開始いたします。
※「医療機関等向け手引き(第2.3稿)」を掲載いたしました。

開始時期

平成31年4月
※平成31年3月までの診療(施術)については、従来どおり福祉医療費請求書を用います。

医療機関等の変更点

受診時に「福祉医療請求書」の受領が不要となり、新しい「受給資格証」に記載された公費負担者番号等を、レセプト等に記載し、審査支払機関に請求します。

変更点
  現行 平成31年4月~
受診者
  • 保険証の提示
  • 受給資格証の提示
  • 福祉医療費請求書の提出
  • 保険証の提示
  • 受給資格証の提示
医療機関等
  • 受給資格証の確認
  • 福祉医療費請求書を受領し、必要事項を記載し請求
  • 受給資格証の確認
  • 公費負担者番号等をレセプト等に記載し請求
福祉医療の審査支払機関
  • 富山県国民健康保険団体連合会
  • 富山県国民健康保険団体連合会
  • 社会保険診療報酬支払基金富山支部

医療機関・薬局・訪問看護ステーションの皆様へのお願い

  • 平成31年4月からの現物給付の変更にともない、医療機関等の窓口での事務の流れが変わります。(概要は右の関連ファイルを参照ください。)
  • 福祉医療の請求はレセプトで請求していただくことになりますので、レセプトコンピュータの改修が必要な場合があります。詳しくは、レセプトコンピュータ業者の方にご連絡いただき、ご対応願います。(公費負担者番号は右の関連ファイルより確認願います。)
  • 平成31年4月診療分以降は、受診毎に新しい「受給資格証」の確認をお願いいたします。

医療機関・薬局・訪問看護ステーション向けの手引きについて

平成31年4月以降の「併用レセプト」の手続きをまとめした「手引き」を掲載いたしましたので右の関連ファイルよりご確認願います。
※第2.3稿を掲載いたしました。
(※修正点がありましたら、適宜時点修正を行い改訂状況一覧を掲載いたします。)

制度周知用ポスター

必要に応じ、右の関連ファイルより適当なサイズに印刷し窓口などに掲示願います。

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?