更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子家庭、父子家庭、寡婦の方が、子どもの修学資金や親の技能習得資金などを必要とする場合に、貸付けを受けることができます。
貸付けの条件や償還方法については、母子・父子自立支援員等が相談に応じています。

相談場所と時間

  • 市在住の方は、各市役所母子(父子)福祉担当課へ
    9時頃~16時頃まで(平日)
    ※場所によって受付時間が異なりますので、詳しくは各所へお問合せください。
  • 町村在住の方は、所管の厚生センター福祉課へ
    9時30分~16時30分まで(平日)
    新川厚生センター所管…入善町、朝日町
    中部厚生センター所管…舟橋村、立山町、上市町
母子父子寡婦福祉資金貸付金の概要
資金の種類 貸付対象等
事業開始資金 事業を開始するのに必要な設備費、什器、機械等の購入資金
事業継続資金 現在営んでいる事業を継続するために必要な商品、材料等を購入する運転資金
修学資金 高等学校、大学、高等専門学校又は専修学校に就学するための授業料、書籍代、交通費等に必要な資金
技能習得資金 自ら事業を開始し又は就職するために必要な知識技能を修得するために必要な資金
修業資金 事業を開始し又は就職するために必要な知識技能を修得するために必要な資金
就職支度資金 就職するために直接必要な被服、履物等及び通勤用自動車等を購入する資金
医療介護資金 医療・介護(当該医療介護を受ける期間が1年以内と見込まれるもの)を受けるために必要な資金
生活資金 (1)知識技能を修得している間、(2)医療・介護を受けている間、(3)母子家庭又は父子家庭になって7年未満の母又は父の生活を安定・継続する間、(4)失業中の生活を安定・継続するのに必要な生活費補給資金
住宅資金 住宅を建設し、購入し補修し、保全し、改築し、又は増築するのに必要な資金
転宅資金 住宅を移転するため住宅の賃借に際し必要な資金
就学支度資金 就学、修業するために必要な被服等の購入に必要な資金
結婚資金 子の婚姻に際し必要な資金

関連リンク

富山県ひとり親家庭等自立促進計画

お問い合わせ

所属課室:厚生部子ども支援課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3207

ファックス番号:076-444-3493

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?