トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 福祉一般 > ひとり親家庭等日常生活支援事業

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

ひとり親家庭等日常生活支援事業

母子家庭、父子家庭、寡婦の方を対象に、次の場合が生じたときに、その生活を支援する者(家庭生活支援員)を派遣し、生活の安定を図ります。

  • (1)修学等の自立を促進するために必要な事由や疾病などの事由により、一時的に生活援助、保育サービスが必要な場合
  • (2)生活環境等の激変により、日常生活を営むのに支障が生じている場合

※令和2年度から、実施主体が各市町村になりました。
※利用するには、あらかじめ登録が必要です。

対象者

母子家庭、父子家庭、寡婦の方であって、以下の理由により、一時的に生活援助、保育サービスが必要な家庭

  • (1)自立促進に必要な事由のもの(技能習得のための通学、就職活動等)
  • (2)社会的事由(疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、失踪、残業、転勤、出張、学校等の公的行事の参加等)
  • (3)生活環境等が激変し、日常生活を営むのに特に大きな支障が生じている家庭

実施市町村・お問い合わせ

【黒部市】黒部市こども支援課(0765-54-2577)

お問い合わせ

所属課室:厚生部子ども支援課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3207

ファックス番号:076-444-3493

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?