更新日:2021年9月24日

ここから本文です。

子どもゆめ基金募集案内

子どもゆめ基金とは

未来を担う夢を持った子どもの健全育成を進めるため、民間団体が実施する体験活動、読書活動、子ども向け教材を開発・普及する活動への支援を行うものです。
この基金は、衆参両議院の国会議員により構成される「子どもの未来を考える議員連盟」が、子どもの未来のために有意義な基金の創設を発意し平成13年4月に創設されました。(運営:独立行政法人国立青少年教育振興機構)

助成の対象は、青少年教育に関する団体の行う以下の活動です。

  • (1)子どもの体験活動
  • (2)子どもの読書活動
  • (3)子ども向け教材開発・普及活動

募集期間について(令和4年度活動助成)

<一次募集(活動期間:令和4年4月1日~令和5年3月31日)>

  • 郵送申請 令和3年10月1日から11月16日まで(消印有効)
  • 電子申請 令和3年10月1日から11月30日まで(17時締切)

<二次募集(活動期間:令和4年10月1日~令和5年3月31日)>

  • 郵送申請 令和4年5月1日から6月14日まで(消印有効)
  • 電子申請 令和4年5月1日から6月28日まで(17時締切)

※一次募集で申請・採択された団体も、二次募集に申請することが可能です。

※初めて電子申請される場合は、申請の前にID申請が必要となります。

※二次募集は、活動規模は市町村規模で、分野を問わず3件まで申請が可能です。1件あたりの助成金申請額が50万円以下の場合に限ります。また、教材開発・普及活動の申請期間は、令和3年10月1日から11月4日(17時締切)となります。

助成の対象となる活動および団体について

活動について

  • (1)子どもを対象とする体験活動や読書活動
    • 体験活動
      • キャンプや自然観察等の自然体験活動
      • 科学実験教室等の科学体験活動
      • 文化・芸術、スポーツ等を通じ交流を目的とする体験活動
      • 清掃活動等の社会奉仕体験活動
      • 地域の商店街・農業・漁業等の職場体験活動
    • 読書活動
      • 読み聞かせ会、読書会などの読書活動
      • ワークショップなど、本に親しみ楽しむ活動
  •  ※子どもを対象とする体験活動や読書活動には、経済的に困難な状況にある子どもを対象とする活動への助成もあります。
  • (2)子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動
    • フォーラム等普及活動
      • 体験活動や読書活動の振興を図るフォーラムや講演会の開催
    • 指導者養成
      • 体験活動や読書活動の指導者・ボランティアを養成する研修会
      • 指導者やボランティアのスキルアップを図る研修会
  • (3)子ども向け教材開発・普及活動
    • インターネット等で使用可能なデジタル教材を開発し、普及する活動

団体について

  • 公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人
  • 特定非営利活動法人
  • 上記以外の法人格を有する団体
  • 法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体

「新しい活動に挑戦したい」「活動の幅を広げたい」「もっと力をつけたいが資金が足りない」など、地域において子どもの健やかな育成を願って活動する団体を支援する制度です。

応募方法について

助成金に関する情報は、下記の関連リンク「子どもゆめ基金ホームページ」からご覧ください。様式もダウンロードできます。

申請書の提出先

独立行政法人国立青少年教育振興機構
子どもゆめ基金部助成課
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1

関連リンク

子どもゆめ基金(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習・文化財室 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7  県庁南別館4階   

電話番号:076-444-3434

ファックス番号:076-444-4434

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?