トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 医療 > HIV感染予防薬の配置について

更新日:2021年3月23日

ここから本文です。

HIV感染予防薬の配置について

県内の医療従事者が針刺し等によりHIVに感染した血液等の感染性体液に曝露した場合、緊急措置として、迅速にHIV感染予防薬を入手できるよう、下記のエイズ治療拠点病院に予防薬を配置しています。
また、富山県では、「富山県HIV感染予防薬整備要領」を策定しています。

更新履歴

  • 平成28年3月25日要領策定
  • 平成29年10月25日要領改訂(配置予防薬にデシコビ配合錠HTを追加)
  • 令和2年3月19日要領改訂(配置予防薬にアイセントレス錠600mgを追加)

予防薬配置医療機関

医療機関名 所在地 診療時間内窓口 診療時間外窓口
富山県立中央病院 〒930-8550
富山市西長江2丁目2番78号
8時30分~17時15分
薬剤部
076-424-1531(代表)
左記以外の時間
薬剤部
076-424-1531(代表)
富山大学附属病院 〒930-0194
富山市杉谷2630番地
8時30分~17時15分
感染症科
076-434-7246
左記以外の時間
救急外来
076-434-2281

富山県HIV感染予防薬整備要領

事象発生後、迅速に予防薬を服用できるよう、当要領の内容を予めご了知願います。
※要領等は、関連ファイルをご覧ください。

留意事項

  • 1)予防薬の提供とは、事故発生医療機関において、予防薬の常備がない場合に、予防薬配置医療機関が緊急性のあるものとして対応するものです。
    事故発生医療機関においては、院内感染予防対策のHIV感染予防として予防薬を常備しておくことが望ましく、この提供をもって、常備は不要であることを示すものではありません。
  • 2)予防薬の提供は、曝露当事者の勤務する事故発生医療機関の医師により、予防内服が必要と判断された場合に限ります。予防薬配置医療機関の医師の服薬指示はありません。
  • 3)予防薬の提供は、あくまでも、専門医に受診するまでの間の応急的な対応ですので、翌日または週明け・休日明けには、専門医を受診をしてください。

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室感染症対策課感染症対策推進班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館3階

電話番号:076-444-8920

ファックス番号:076-444-8900

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?