更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

妊娠のことで悩んだら

まずは落ち着いて!72時間以内なら緊急避妊ピルが可能です。

誰かに相談したり、すぐ婦人科を受診することに抵抗があるなら、相談窓口を利用して!誰よりもあなたの味方になって相談に応じてくれますよ。もし妊娠していたら、思い悩んでいる間にもどんどん時間だけが経過して、あなたの選択肢が少なくなっていきます。無防備なセックスから72時間以内なら緊急避妊ピルで80%妊娠を防ぐことができます。ケースによりますが、120時間以内なら緊急避妊リングで100%妊娠を防ぐことができます。
妊娠判定できるのは性交から早くて2週間後。緊急避妊ピルを使用した後であっても、効果があり妊娠を防ぐことができたかどうかを確認するために、妊娠検査を行う必要があります。しかし、市販の妊娠検査薬は絶対ではありません。必ず婦人科を受診しましょう。

緊急避妊法について

自分だけを責めないで。繰り返さないことの方が大切です。

妊娠していることがわかったら産む・産まないに関わらず、一日も早く産婦人科を受診しましょう。妊娠経過が異常で、命にかかわる場合もあるからです。
出産を望まず中絶を希望する場合、中絶可能な時期は意外と早く過ぎてしまいます。麻酔をかけ、手術で中絶できるのは妊娠11週6日まで。それ以降21週6日までは人工死産となり、死産届などが必要になります。中絶できるのはこの期間までで、以後は出産という選択になります。出産しても子どもを育てられない事情がある場合は、社会で育てることも可能です(里親制度の利用)。子どもを授からなかったけど、親になりたいと願う夫婦に、赤ちゃんを届けることもできます。だから、中絶可能期間を過ぎたからといって産婦人科を受診しないで放置したりしないでください。何よりも自分のカラダを守るために産婦人科を受診し、考える手助けをしてもらうことをお勧めします。

中絶が可能な時期

妊娠・出産悩みほっとライン

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?