更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

ライフステージに応じた健康管理をしよう

2種類の女性ホルモン

女性のライフステージとエストロゲンの変化

乳房や子宮、卵巣といった女性特有の体の機能。これらは、年齢や環境によって大きく変化します。
第二次性徴がはじまる思春期、20〜30代の妊娠・出産を迎える性成熟期、閉経を迎える更年期、そして閉経後の老齢期。時々立ち止まって、自分は女性のライフステージのどこにいるのかを見つめ、体の状態に合わせた健康管理を行うことが大切です。
月経が来たら、産婦人科のホームドクターを持ちましょう。「産婦人科は赤ちゃんを産む人が行くところ」「なんとなく行きづらい」と思っている人も多いかもしれませんが、産婦人科はすべての女性がいくところ。定期的な婦人科検診を受けたり、月経不順や月経痛の悩みを相談したり、パートナーのいる人なら、性感染症の知識も身につけることもできます。
体に少しでも心配なことがある時、身近に相談できるドクターがいればとても安心。病気が早期発見できたり、より快適に生活できたりするなど、あなたの体をあなたの手で守ることになるのです。

ひどい月経痛には病気がかくれている

毎月のゆううつな月経痛。重いものには、子宮内膜症、子宮筋腫などの病気が隠れている場合があります。鎮痛剤を必要としたり、日常生活に支障をきたしたりするような場合は、早めに病院で診てもらいましょう。
子宮内膜症は10〜20代の若い女性に増えている病気で、卵巣内で子宮内膜が増殖し、悪さを働くもの。不妊の原因にもなるといわれており、早くからの治療が大切です。
一方で、子宮筋腫は良性腫瘍のひとつ。腫瘍の場所によって月経量が増えて貧血になったり、受精卵が着床しにくかったりするなど、不妊の原因になると言われています。
これらの病気と関係しない月経痛や月経前症候群なども、薬の服用で軽減できます。がまんしないで、ドクターに相談してください。

お話をきいた人/女性クリニックWe!TOYAMA 若杉聡美医師

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?