更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

1.海外技術研修員

昭和49年度から開発途上国等に対する技術協力事業の一環として、技術研修員を受け入れ、技術の習得及び県民とのふれあいを通じて、開発途上国等の発展に貢献しうる人材の育成を図るとともに、国際親善の増進に寄与しています。
令和元年度までに、26か国から419名の研修員(うち4名再研修員)を受け入れています。

令和元年度受入実績

  • (1)研修期間 6月から11月までの約5か月間
    (短期研修員は8月から11月までの約3か月間)
  • (2)受入人数 5名(うち短期1名)
  • (3)推薦機関 在ブラジル富山県人会、ロシア沿海地方政府、
    中国遼寧省人民政府、中国雲南省人民政府
  • (4)研修内容
    • 基礎研修…来日後、約1か月間(公益財団法人とやま国際センターに委託)
      日本での生活についてのオリエンテーション、日本語研修
    • 専門研修…7月から11月までの約4か月間
      県の各機関、市町村、民間企業等、専門分野に応じた機関で研修
  • ※短期研修員は、来日後約2週間の基礎研修を行い、その後専門分野に応じた機関で研修。


研修修了式


立山視察研修

関連ファイル

海外技術研修員等受入状況(PDF:173KB)

関連リンク

(公財)とやま国際センター(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部国際課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館3階

電話番号:076-444-3156

ファックス番号:076-444-9612

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?