トップページ > くらし・健康・教育 > 地方創生・女性活躍 > 地方創生 > 移住・定住 > とやまワーケーション・テレワーク推進事業助成金

更新日:2023年5月31日

ここから本文です。

とやまワーケーション・テレワーク推進事業助成金

関係人口の創出や二拠点居住、将来的な移住促進及びサテライトオフィスの誘致等を通じて富山県成長戦略ビジョン「幸せ人口1000万~ウェルビーイング先進地域、富山~」の実現を図るため、県外の民間企業や団体、企業等に所属する社員、個人事業主等が、富山県内で行う地域交流、地域貢献活動を含むワーケーション・テレワークの実施に係る経費を一部助成いたします。

助成金の概要

  短期コース(5泊6日まで) 長期コース(2か月まで)
対象者
  • 県外民間企業、団体等(法人格を持たない場合は、規約等に代表者の定めがあること)
  • 県外民間企業、団体等に所属する社員等
  • 県外の個人事業主、フリーランス等
  • 上記ワーケーション実施者に同行する家族等
対象経費
  • 県内宿泊費(飲食代除く)
  • コワーキングスペース等の施設利用料
  • 保育料等
  • 県内宿泊費(飲食代除く)
  • 住居費
  • 交通費
  • コワーキングスペース等の施設利用料
  • 引越代
  • レンタカー代
  • 保育料等
補助条件
  • 県内で2泊以上すること。
  • 富山県ウェルビーイング特設サイトにおいて「ウェルビーイング・チェック」を実施のうえ、自らのウェルビーイング実感が高まる取組みやアクティビティ等をワーケーションの中に取り入れること。
  • SNS等で今回のワーケーションに係る実施状況(テレワーク環境や地域の情報等のほか、ご自身のウェルビーイングに関する実感や感想)を発信すること。
  • 県内で1月につき6泊以上滞在すること。
  • 連続して滞在している期間のうち、滞在日数の半分以上の日はテレワークを実施すること。
  • コワーキングスペースを滞在期間の半分以上利用すること。
  • 富山県ウェルビーイング特設サイトにおいて「ウェルビーイング・チェック」を実施のうえ、自らのウェルビーイング実感が高まる取組みやアクティビティ等をワーケーションの中に取り入れること。
  • SNS等で今回のワーケーションに係る実施状況(テレワーク環境や地域の情報等のほか、ご自身のウェルビーイングに関する実感や感想)や、富山の仕事や暮らしについて定期的に発信すること。

(※)昨年度までに「とやまでお試しテレワーク」推進助成金を利用された方は、別途要件があります。

補助率

2分の1、一人あたり5千円/泊上限

(ただし、千円未満切り捨て)

2分の1

(ただし、千円未満切り捨て)

上限額

‣1個人あたり2万5千円

‣1企業(団体)あたり10万円

1人あたり20万円

申請方法

事業を実施する20日前までに、交付申請書(様式第1号)、事業計画書(様式第2号)及び経費内訳書(様式第3号)に必要事項を記入のうえ、次のメールアドレスへ提出してください。

mail:aseichosenryaku@pref.toyama.lg.jp

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:知事政策局成長戦略室ウェルビーイング推進課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館3階

電話番号:076-444-8489

ファックス番号:076-444-3473

関連情報

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?