くらしの安心情報第99号
くらしの安心ネットとやま
平成26年12月10日

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

                目 次

●富山県消費生活審議会委員の公募について

●悪質商法に関する情報(PDFファイルで添付等)

 ☆『動画サイトの登録料を請求され、コンビニの情報端末機を操作するよう
  指示を受けたのですが…。』
 (情報ファイル149)

●製品等の安全・安心情報

 ☆ガス・石油暖房機器による事故の防止について(注意喚起)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

   ☆☆☆  富山県消費生活審議会委員の公募について  ☆☆☆

 県の実施する消費者施策をより良いものにするため、県の消費者行政につい
てご意見をいただく「富山県消費生活審議会」の委員を次のとおり募集してい
ます。
 ご応募にあたっては、応募申込書及びレポートの提出をお願いします。詳し
くは、富山県のホームページ
   URL:http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1711/index.html 
をご覧ください。

 募集人数 :1名
 任  期 :平成27年2月17日から平成29年2月16日まで(2年間)
 受付期間 :平成26年11月25日(火)から12月22日(月)まで
 お問合せ先:県庁県民生活課 電話076-444-3129

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【製品等の安全・安心情報】

◇◇◇ ガス・石油暖房機器による事故の防止について(注意喚起) ◇◇◇

 これから冬を迎え暖房器具を使う機会が増えますが、ガス・石油暖房機器※1
の事故は、火災や一酸化炭素中毒、やけどを伴う場合が多く、火災による被害
とともに重篤な人的被害も多く発生しており、注意が必要です。
 NITE(ナイト)に通知された製品事故情報※2において、ガス・石油暖房機器
による事故は、平成21年度から平成25年度までの5年間に、合計602件※3ありま
した。
 被害状況別に見ると、死亡事故64件、重傷事故31件、軽傷事故114件、拡大被
害※4 265件、製品破損※4 91件、ほか37件となっています。このうち、火災を
伴う事故は310件発生しています。

 事故の発生状況を分析すると、使用者の誤使用や不注意などによる事故が多
く発生しており、死亡や重傷等の重篤な人的被害に至る割合も高くなっていま
す。
【主な事故事例】
・石油ストーブのカートリッジタンクのふたをしっかりしめていなかったため、
 給油後に石油ストーブタンク室に戻そうとしたとき等にふたが外れ、こぼれ
 た灯油が燃焼部にかかって引火し、火災が発生した。(死亡事故)
・石油ファンヒーターの前に置いていたスプレー缶がファンヒーターの温風で
 加熱され、内圧の上昇により破裂するとともに、気化した可燃性ガスにファ
 ンヒーターの火が引火して、火災が発生した。(軽傷事故)
・ガスファンヒーターのガス接続口に専用ガスコード(両端に接続継手が装着
 されているもの)ではなく汎用のガス用ゴム管を接続して使用したため、接
 続口からガスが漏れ、漏れたガスにガスファンヒーターの火が引火してやけ
 どを負った。(軽傷事故)

 ガス・石油暖房機器による事故は、12月から1月にかけて最も多く発生してい
ます。
 本格的な冬を迎え、ガス・石油暖房機器を使用する機会が増加する時期に際し
て、製品を正しく使用し、事故を未然に防止していただくために、注意喚起を
 行います。

(※1)石油ストーブ、石油温風暖房機(石油ファンヒーター)、ガスストーブ、
    ガス温風暖房機(ガスファンヒーター)。
(※2)消費生活用製品安全法に基づき報告された重大製品事故170件に加え、
    事故情報収集制度により収集された非重大製品事故(ヒヤリハット情報
    (被害なし)を含む)。
(※3)平成26年10月31日現在、重複、対象外情報を除いた事故発生件数。
(※4)製品本体のみの被害にとどまらず、周囲の製品や建物などにも被害を及
    ぼすこと。
    被害状況別で、人的被害と同時に物的被害が発生している場合は、人的
    被害の最も重篤な分類でカウントし、物的被害には重複カウントしない。

●NITE(製品評価技術基盤機構)
「ガス・石油暖房機器による事故の防止について(注意喚起)」
説明資料 http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs141127set.pdf
ポスター http://www.nite.go.jp/jiko/poster/poster.html#gasu_sen
     http://www.nite.go.jp/jiko/poster/poster.html#sekiyu

 《問合せ先》
 製品安全センター
 担当者:池谷、西澤、長田
 電 話:06−6942−1113
 FAX:06−6946−7280

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇