くらしの安心情報第85号
くらしの安心ネットとやま
平成25年10月11日
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆◆ お知らせ ◆◆

○富山県消費生活センター高岡支所移転のお知らせ
 富山県消費生活センター高岡支所は、平成25年9月24日(火)に、高岡市
本丸会館新館5階から高岡総合庁舎5階へ移転しました。
(所在地等の案内は http://www.pref.toyama.jp/branches/1731/annai.html
をご覧ください)

○「富山県消費者大会」へのご出展、ご参加について(お礼)
 先般、開催しました平成25年度「富山県消費者大会」において、くらしの安
心ネットとやまの参加団体・機関の皆さま方にはご多忙にもかかわらず、ご出
展及び多くのご参加をいただき誠にありがとうございました。深く感謝申しあ
げます。
 今後とも、くらしの安心ネットとやまの活動のご支援、ご協力を賜りますよ
うお願いいたします。

○「とやま消費者トラブル防止川柳コンクール」結果発表 
 富山県では、県民の皆さんが消費者問題への理解と関心を深め、複雑・多様
化している消費者トラブルにあわないよう注意を呼びかけるため、富山弁を使
った川柳を募集したところ、1,198作品ものご応募をいただきました。
 たくさんのご応募ありがとうございました。
 ☆最優秀賞作品 「なんいらん タダでもいらん 引っかからん」
 ☆その他入選作品は下記ホームページに掲載していますので、ぜひご覧くだ
  さい。http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1711/kj00013574.html
    (県庁県民生活課)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

                目 次

●悪質商法に関する情報(PDFファイルで添付等)

 ☆『「A社が販売するダイヤモンドを代わりに買ってくれたら、高値で買い取
  る」というB社の言葉を信じて購入しました。買い取ってもらおうとB社
  に電話をしてもつながらないのですが…。』
  (情報ファイル135)
●製品等の安全・安心情報

 ☆電動車いすによる事故の防止について(注意喚起)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【製品等の安全・安心情報】

  ◇◇◇ 電動車いすによる事故の防止について(注意喚起)◇◇◇

 電動車いす(※1)は歩行に困難を感じる高齢者や障害のある人にとって、
行動範囲を広げてくれるとても便利なものであり、自立した社会生活を支援す
るものとして欠かせない製品です。しかし、不注意や使い方を誤ったために事
故が発生することも多く、死亡や重篤なけがを負う場合があります。特に、使
用方法に慣れていなかったと思われる使用開始から1年未満の事故が全体の4
0%を占めています。また、60歳代から事故が増える傾向があり、特に80
歳以上の使用者で死亡・重傷事故が多く発生していることから、事故防止のた
めの注意が必要です。

 NITE(ナイト)に通知された製品事故情報(※2)のうち、電動車いす
の事故は、平成20年度から24年度までの5年間に91件(ハンドル形70
件、ジョイスティック形21件)ありました。(※3)

 被害状況別にみると、死亡事故33件、重傷事故20件、軽傷事故13件、
拡大被害(※4)5件、製品破損等20件ありました。

 事故発生状況を分類すると、次のような事故が多く発生しています。

 @電動車いすで走行中、舗装路で路肩等から転落した。(※5)
 A電動車いすで走行中、未舗装路で転落等した。

 電動車いすの事故は、「製品に起因する事故」は件数も少なく、被害も軽微
で済んでいる一方で、「製品に起因しない事故」が約半数あり、こちらは重篤
な人的被害も発生しています。これらの中には、不注意や誤った使い方に気を
つけていただくことで、未然に防げる事故が多くあります。社告・リコール情
報の周知徹底も含め、製品を正しく安全に使用して事故を防止し、電動車いす
を利用して自立した社会生活を送っていただくために、注意喚起を行うことと
しました。

(※1) 電動車いすの操作方式により、直接ハンドル操作をするハンドル形及
     びジョイスティックレバーで操作をするジョイスティック形(標準形
     や簡易形)に分けて扱う。前者では、主に高齢者が使用することが多
     く、後者は障害のある人が使用することが多いが、高齢者も使用する
     ことがある。
(※2) 消費生活用製品安全法に基づき報告された重大製品事故に加え、事故
     情報収集制度により収集した非重大製品事故やヒヤリハット情報(被
     害なし)を含む。
(※3) 平成25年7月31日現在、重複、対象外情報を除いた件数で、事故
     発生日に基づき集計。
(※4) 製品本体のみの被害にとどまらず、周囲の製品や建物などにも被害を
     及ぼすこと。
(※5) 側溝や川等に電動車いすごと落ちたものを転落という。

●NITE(製品評価技術基盤機構)
「電動車いすによる事故の防止について」
 http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs130912set.pdf
 http://www.nite.go.jp/jiko/poster/data/0850.pdf
 http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs130912_sha.pdf

 《問合せ先》
 製品安全センター製品安全調査課
 担当者:葛谷、山城
 電話:06−6942−1113

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇