くらしの安心情報第81号
くらしの安心ネットとやま
平成25年6月10日

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

                目 次

●悪質商法に関する情報(PDFファイルで添付等)

 ☆『自宅に訪問してきた業者に水道管の内部検査を勧められ、検査後、「水
  道管の洗浄と活水器の取付けが必要」と言われ契約した。高額なので解約
  したいのですが…。』  
 (情報ファイル131)

●製品等の安全・安心情報

 ☆屋外における子どもの事故の防止について(注意喚起)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【製品等の安全・安心情報】

 ◇◇  屋外における子どもの事故の防止について(注意喚起)  ◇◇

 子どもは成長とともに活動範囲が広がり、周りのものに広く興味をもつよう
になりますが、身体的にも感覚的にも発達の途中であり危険に対する認識や知
識が不十分なため、事故にあう危険性が高くなり、屋外においても多くの事故
が発生しています。

 NITE製品安全センターに通知された製品事故情報(※1)のうち、0〜
14歳の子どもが被害にあった事故(以下「子どもの事故」とする※2)は、
平成19年度から23年度までの5年間に、1,029件ありました。そのう
ち屋外では396件の事故が発生しています(※3)。また、発生時期をみる
と約半数が5〜8月の4カ月間で発生しています。
 製品別では、「ベビーカー」122件、「自転車用幼児座席」72件、「自
転車」60件の事故等が発生しています。また被害状況別にみると、死亡事故
1件、重傷事故84件、軽傷事故278件で人的被害は合計363件ありまし
た。
 さらに、事故発生状況を被害者の年齢別に層別すると、次のような事故が多
く発生しています。
(1) 乳幼児(0〜3歳)
   ・ベビーカーの折り畳み部に子どもの指が挟まれた。
   ・ベビーカーの背もたれ部の固定ねじが振動等で外れて、子どもが落下
    した。
(2) 幼児(4〜6歳)
   ・自転車用幼児座席で、転倒等の衝撃や取り付け不備のため、足乗せ部
    が破損し、足が巻き込まれた。
(3) 小中学生(7〜14歳)
   ・樹脂製サンダルとアクセサリーの留め具の間につめが入り込んだ。
   ・自転車の前輪に泥除けや傘等の異物を巻き込み転倒した。
 子どもの事故は、子ども自身が起こす事故だけでなく、保護者がかかわる事
故も多くあります。屋外で遊ぶ等、外に出る機会が多くなる季節を迎え、保護
者の方に注意していただくことで未然に防げる事故も多くあることから、社
告・リコール情報の周知も含め、注意喚起を行うこととしました。

(※1) 消費生活用製品安全法に基づき報告された重大製品事故に加え、事故
     情報収集制度により収集した非重大製品事故やヒヤリハット情報(被
     害なし)を含む。公園の遊具等の事故は含まない。
(※2) 子どもの事故の年齢範囲は、0〜14歳までとする。(ISO/IE
     Cガイド50安全側面「子どもの安全の指針」より)また、乳児とは
0歳のもの、幼児とは1歳から6歳の小学校就学前までとする(母子
健康法)。
(※3) 平成25年4月30日現在、重複、対象外情報を除いた件数で、事故
発生日に基づき集計。

●NITE(製品評価技術基盤機構)
「屋外における子どもの事故の防止について(注意喚起)」
 http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs130530set.pdf
 http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs130530_sha.pdf
 http://www.nite.go.jp/jiko/poster/data/0810.pdf
 
 《問合せ先》
 製品安全センター製品安全調査課
 担当者:葛谷、山城、小黒
 電話:06−6942−1113

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇