くらしの安心情報第57号
くらしの安心ネットとやま
平成23年6月13日

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

               目 次

●悪質商法に関する情報(PDFファイルで添付)

 ☆商品券が使えなくなると聞いたのですが、私の持っている商品券は大丈夫
  でしょうか?

 (情報ファイルNO.107)


●製品等の安全・安心情報
 
 ☆扇風機の発煙・発火などに御注意ください!
 
●平成23年度 県民提案型消費生活向上事業の募集
 
 ☆県では、富山県消費者協会へ委託し、県民の発想と手法を活かした消費生
  活の安定及び向上のための事業を募集します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【製品等の安全・安心情報】

★★  扇風機の発煙・発火などに御注意ください!  ★★

 平成23 年5月13 日に政府の電力需給緊急対策本部は、「夏期の電力需給対
策」をまとめました。これに基づき、家庭で取り組んでいただきたい節電対策
メニューの一つとして、「無理のない範囲でエアコンを消して、扇風機を使い
ましょう」という呼び掛けをしています。
 一方、事故情報データバンクには、平成22 年6月以降の1年間に、扇風機に
関する事故情報や相談情報が65 件登録されています。その内容は、扇風機の発
煙・発火・過熱等に関するものが65 件中51 件と最も多く、次いで製品破損に
関するものが6件となっています。
 また、扇風機の発煙・発火・過熱等に関する事故情報や相談情報(51 件)の
うち、当該扇風機の使用期間が明らかになっているもの(40 件)の中では、使
用期間9年以上と長年使用していた製品が23 件を占めています。
 長年使用している扇風機は、熱、湿気、ホコリなどの影響により、内部部品
が劣化し、発煙・発火しやすくなっているおそれがあります。

 扇風機の使用に当たり、機器に異常がないか、下記のチェックポイントを参
考にして確認・注意をしてください。万が一異常があった場合には、すぐに使
用を中止し、電源プラグを抜いた上でメーカーや販売店などに連絡されますよ
う、お願いします。
 また、子どもが羽根カバーのすき間から指などを入れてケガをしないよう、
周りの大人は十分に注意してあげましょう。


☆ 扇風機について確認・注意をするポイント

(使用の前に確認してください。)
@“羽根・羽根カバー”が破損している。
A“電源コード”が折れ曲がったり破損している。

(使用中に注意してください。)
@“スイッチ”を入れてもファンが回らない。
A“電源コード”を触ると、ファンが回ったり、停止したりする。
B“羽根”の回転が異常に遅かったり、不規則だったりする。
C“回転するとき”に異常な音や振動がする。
D“モーター部分”が異常に熱い。
E“モーター部分”が焦げくさかったり、煙が出たりする。


 なお、独立行政法人製品評価技術基盤機構においても、扇風機に関する注意
喚起を行っています。
   http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs110526.html


本件に関する問い合わせ先
消費者庁事故情報対応チーム 金児、滝
TEL : 03(3507)9146(直通)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【平成23年度 県民提案型消費生活向上事業の募集】

★★   県では、富山県消費者協会へ委託し、県民の発想と手法を  ★★
    活かした消費生活の安定及び向上のための事業を募集します。
     なお、募集事業については、今回新たに実施又は拡充して
    実施するものを対象とし、従来から各団体、グループが行っ
    ていた既存事業の振り替えは認めないものとします。

■募集する事業
 消費者トラブルの防止等、地域の消費生活に係る課題の解決や消費生活の安
定及び向上のための事業で、平成24年2月29日までに完了するものとします。

■委託契約の締結
 採択事業については、1件あたり50万円を上限に富山県消費者協会と委託契
約を結びます。

■募集締切
 平成23年6月30日(木)まで(午後5時必着)

■問合せ及び応募受付
 富山県消費者協会「県民提案事業」担当
 〒930−0805
 富山県富山市湊入船町6番7号 県民共生センター「サンフォルテ」1F
 電話:076−432−5690
 詳しい募集要項及び応募用紙は、
http://www.tomisyokyo.org/(富山県消費者協会)
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1711/kj00010630.html(県庁県民生
活課)をご覧ください。