くらしの安心情報第6号
くらしの安心ネットとやま
平成19年3月9日

目 次

● 悪質商法に関する情報(PDFファイルで添付)

 ☆電話で展示会に呼び出されて、80万円の毛皮のコートを買わされた・・
  (情報ファイルNO.11)

 ☆「うまい儲け話がある」と勧誘され出かけたら、脅されて海外商品先物取
  引の契約をさせられた〜(情報ファイルNO.12)


● 製品等の安全・安心情報
 ☆健康食品と上手につきあうために 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【製品等の安全・安心情報】
★★ 健康食品と上手につきあうために ★★

 2月26日に厚生労働省より、健康食品が原因と疑われる健康被害事例につ
いての報道発表がありました。花粉加工食品をカプセルに充填したいわゆる健
康食品を摂取した40代の女性が、全身性のアレルギー反応によるショック症
状を呈したという事例です。今のところ、同種の製品についてこのような報告
は確認はされていないとのことでした。
 最近の健康志向を反映して、健康食品は多くの人に利用され、市場も拡大し
ています。しかし、その一方で、健康食品との関連が疑われる健康被害が発生
するなどの問題も生じています。健康食品を安全に利用するために、下記のこ
とに注意しましょう。

★ 健康食品を正しく理解しましょう ★
 1.健康食品は、素材の種類や食べ方(加工状態)が一般の食品と異なるこ
   とがあります。そのため、安全性については一般の食品よりも慎重に考
   えるようにしましょう。
 2.健康食品は、あくまで食生活における補助的なものと考えましょう。
 3.健康食品は、病気や体の不調を治すものではないことを意識しましょう。

★ 健康食品の利用前にご確認ください ★
 4.健康食品を利用する前に、普段の食生活で本当に不足している栄養成分
   があるか、考えてみてください。
 5.健康に役立つ食品の機能を紹介する‘健康情報’はそのまま受け入れる
   のではなく、科学的な視点に基づく判断を行った上で参考にして下さい。
 6.製品を選ぶ際には、表示や広告をよく確認してください。
 7.個人輸入やインターネットオークションを利用する際には、製品に関す
   る情報の確認をしてください。
 8.保健機能食品制度*について理解を深めることは、健康食品を利用する
   上で重要なことです。
   保健機能食品制度* 厚生労働省ホームページ
       http://www.mhlw.go.jp/topics/2002/03/tp0313-2a.html
 9.特定の成分を過剰に摂取しないよう気を付けてください。
10.健康食品の利用期間や量などについて記録をとってください。

★ 医療機関への相談 ★
11.体調不良を感じたら、すぐに利用をやめて医療機関を受診してください。
12.治療を受けている人が健康食品を利用する場合には、医師や薬剤師など
   に相談してください。