富山県感染症情報

富山県感染症情報センター(富山県感染症情報センターは富山県衛生研究所にあります。)
 富山県衛生研究所のホームページへ
令和3年 第37週 9月13日(月)〜9月19日(日)  9月22日 更新 (毎週更新)
※HP更新の不具合が続き、最新の情報になっていないことがあります。
 ご迷惑をおかけしております。
 お気づきの点がございましたら、問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです。

 トピックス
 今週の感染症情報はこちら  ▼最新の感染症発生動向速報 
(毎週水曜15時公開予定)
富山県における新型コロナウイルス感染症の疫学所見
新型コロナウイルス感染症について (厚生労働省リンク)  (富山県リンク)

新型コロナウイルス感染症の県内の患者発生状況 (富山県リンク)

新型コロナウイルス感染症(発熱等がある場合の受診・相談方法について) (富山県リンク)

新型コロナウイルス感染症について(相談件数及び検査件数) (富山県リンク)
風しんについて(厚生労働省リンク)
麻しんについて(厚生労働省リンク)
腸管出血性大腸菌感染症に注意しましょう
インフルエンザに注意しましょう
トピックス集
届出基準・様式(厚生労働省リンク)
※令和3年6月3日から届出基準の一部が改正(マラリア、アメーバ赤痢、百日咳)

一週間の概要(青色の病名から、グラフ、病気の解説へ入れます。)
1.今週の県内上位3疾病は、(順位はカッコ内の定点あたりの患者数で比較しております。)
    1位 感染性胃腸炎(2.14)
    2位 ヘルパンギーナ(0.66)
    3位 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(0.45)

2.感染性胃腸炎の県内定点当たり報告数は、今週第37週が2.14であり、先週第36週(2.00)から増加しました。

3.ヘルパンギーナの県内定点当たり報告数は、今週第37週が0.66であり、先週第36週(0.21)から増加しました。

4.A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の県内定点当たり報告数は、今週第37週が0.45であり、先週第36週(0.31)から増加しました。

5.全数把握の感染症の報告は新型インフルエンザ等感染症 新型コロナウイルス感染症の報告が62件ありました。二類 結核 の報告が3件(第36週診断分1件含む)ありました。三類 腸管出血性大腸菌感染症 の報告が1件ありました。四類 レジオネラ症 の報告が2件ありました。五類 劇症型溶血性レンサ球菌感染症 の報告が2件(第36週診断分1件含む)ありました。梅毒 の報告が1件ありました。

6.RSウイルス感染症突発性発しん水  痘流行性耳下腺炎をクリックするとグラフ画面が見られます。

           感染症発生動向 速報はこちら!    グラフで一目瞭然   感染症の解説


厚生センター(保健所)別の上位3疾病の状況(順位は定点医療機関あたりの患者数で並べてあります)

報告数の上位 砺波厚生センター 高岡厚生センター 富山市保健所 中部厚生センター 新川厚生センター
1位 感染性胃腸炎 感染性胃腸炎 感染性胃腸炎 感染性胃腸炎 感染性胃腸炎
2位 RSウイルス感染症 突発性発しん A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 ヘルパンギーナ A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
3位 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 ヘルパンギーナ RSウイルス感染症 RSウイルス感染症

   各厚生センター(保健所)の所管市町村


各感染症の状況(感染症法五類感染症・定点把握の対象疾病・週報分)

病 名 前週との比較
  インフルエンザ


RSウイルス感染症
咽頭結膜熱
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
感染性胃腸炎
水痘
病 名 前週との比較


手足口病
伝染性紅斑
突発性発しん
ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎
病 名 前週との比較

急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎

細菌性髄膜炎
無菌性髄膜炎
マイコプラズマ肺炎
クラミジア肺炎
感染性胃腸炎(ロタウイルス)



 発生数一覧
  

 記者発表の記録
 
 リンク集  
 
 富山県のホームページへ