しんゆき、ゆうゆき、雪を楽しむ文化・催しなど

富山県では、雪に親しむ機会の増大や雪に対する意識の高揚を図るため、県内各地で開催される新たな雪のイベントを積極的に支援してきました。
その結果、今日では数多くの冬の催しが定着し、多くの県民のみなさまの参加が得られるようになっています。

雪を楽しむイベント

ザ・雪合戦なんと

雪合戦写真ザ・雪合戦なんと
毎年、南砺市の城南パークイベント広場において1月下旬から2月中旬に開催されます。
ザ・雪合戦なんとは国際スポーツになった雪合戦の北陸地方予選として開催され、一般の部の優勝チームは、日本雪合戦選手権大会に出場する権利を得ることができます。

問合せ先:じょうはな雪合戦実行委員会

宇奈月温泉 雪のカーニバル

雪のカーニバル写真雪のカーニバル
黒部市の旧宇奈月町で、2月上旬宇奈月温泉街で開催する雪と炎の祭典です。
左義長神事や雪像コンテスト、燃えさかるたいまつを手にした数百人が炎の曲線を描きながら滑降、花火大会などが行われ、宇奈月温泉街が華やかな炎に包まれる雪の一大イベントです。

問合せ先:(社)黒部・宇奈月温泉旅館協同組合

立山カルデラ砂防博物館 雪のフィールド遊び

雪のフィールド遊び写真雪のフィールド遊び
「立山カルデラの自然と歴史」及び「砂防」の二つのテーマを「知られざるもうひとつの立山」と位置づけ、立山カルデラにおける人と自然の関わりを広く紹介している立山カルデラ砂防博物館では、雪についても調査研究を行っています。
フィールドウオッチングとして「雪の結晶づくりと雪壁観測」等と題し、実験や体験できるイベントを行っています。
実際に雪結晶の観察や穴を掘ってできた雪壁の層の違いなどを観察すると、驚かれる参加者も多いようです。

問合せ先:立山カルデラ砂防博物館