富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 生涯学習・文化財室 > 国指定重要文化財「石黒信由関係資料」の追加指定

国指定重要文化財「石黒信由関係資料」の追加指定

最終更新日:2019年3月23日

このたび、国指定重要文化財「石黒信由関係資料」が、追加指定を受けることになりました。

1 文化財の概要

(1) 名 称 石黒信由関係資料
      (いしくろ のぶよし かんけいしりょう)
(2) 所有者 一般財団法人 高樹会(射水市新湊博物館へ保管寄託)
(3) 員 数 6,392点(今回追加指定2,630点)
(4)指定年月日 昭和59年6月6日 
        平成10年6月30日 追加指定
(5)文化財の特色
 石黒信由とその子孫が作成した地図類、算学や航海術に関する著書類や記録類、測量器具などの関係資料。江戸時代の測量、地図作成の経緯や、技術の実際を具体的に示す基本史料として重要なものであり、江戸時代の学者の関係遺品としては現存する全国の資料の中でも、極めて希少なものと評価されている。
 これまで初代信由の資料が中心であったが、今回、信由の事績を継承した信(のぶ)易(やす)ほか子孫三代の事績が判明したため、その資料を追加指定したもの

2 その他

(1)今回は追加指定のため国指定文化財の総件数(107件)に変更はない。
(2)我が国を代表する算学家・測量家である石黒家の事績に関し、まとまった遺品類であり、ふるさと教育の重要な資産のひとつとなる。
(3) 富山県及び射水市の文化遺産の新たな魅力として、広く情報発信することができる。

【 情報発信元 】
教育委員会 生涯学習・文化財室 電話:076-444-3434  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 生涯学習・文化財室
電話:076-444-3434