トップページ > 魅力・観光・文化 > 文化 > 文化財 > 国の登録有形文化財 > 令和元年11月15日:国の登録有形文化財(建造物)の登録について

更新日:2021年8月20日

ここから本文です。

令和元年11月15日:国の登録有形文化財(建造物)の登録について

かねてより地域の歴史と文化の継承のため、適切な保存と活用に向けて取組を進めていた次の建造物について、令和元年11月15日(金曜日)に開催された国の文化審議会において、登録有形文化財(建造物)として登録するよう答申がなされました。

1 文化財の概要

(1)名称 東山円筒分水槽

  1. 所在地/所有者:魚津市東山地内/魚津市土地改良区
  2. 建築年代:昭和29年
  3. 特徴等
    • 片貝川沿岸用水合口事業の一環として、黒谷頭首工、片貝第一発電所、片貝新円筒分水槽などと一体に建設された、農業用水を公平に分配するため建設された構造物。
    • 地域の水利システム近代化の歴史を物語る貴重な農業土木遺産である。
    • SNSで“日本一美しい”とも評される、県東部の代表的な円筒分水槽。

(2)名称 赤祖父円筒分水槽

  1. 所在地/所有者:南砺市川上中地内/庄川上流用水土地改良区
  2. 建築年代:昭和24年
  3. 特徴等
    • 赤祖父溜池工事の一環として築かれ、砺波平野における戦後の稲作の発展を支えた貴重な農業土木遺産。
    • 県内最古の円筒分水槽。

2 登録の意義

  • (1)登録することにより、所有者のみならず、県民が、地域の身近な文化資産の価値や魅力を再発見・再認識するとともに、地域の宝・誇りとして末永く保存・継承していくための契機となる。
  • (2)地域固有の優れた歴史的・文化的な資源が登録・保存されることで、地域づくりや観光などへの積極的な活用の推進につながることが期待される。

【参考】これまでの県内の登録文化財(建造物)

登録有形文化財(建造物)富山県庁舎本館など 67箇所139件となる

今回の登録で県内の登録有形文化財(建造物)総数は合計69箇所141件となる。

東山円筒分水槽

射水市 東山円筒分水槽

赤祖父円筒分水槽

南砺市 赤祖父円筒分水槽

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習・文化財室 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7  県庁南別館4階   

電話番号:076-444-3456

ファックス番号:076-444-4434

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?