トップページ > くらし・健康・教育 > 教育・子育て > 子育て > 子育て支援事業 > 経済団体による家庭教育サポート宣言

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

経済団体による家庭教育サポート宣言

近年、家庭の教育力の低下が懸念され、学校、地域、企業等が、社会全体で家庭教育支援に取り組むことが求められています。

平成21年8月20日、県教育委員会と富山経済同友会が連携して「家庭教育サポート宣言」を発表し、経営者等である会員が、従業員やその家族の「おやじ」役として、家庭教育をサポートしていくことを宣言しました。

宣言文には、次の4項目が盛り込まれています。

  1. 安心して子どもを生み育てることができる社内就業制度、慣行づくり
  2. ノー残業デーなど、家族でふれあいがより持てる職場環境づくり
  3. 家庭内でしつけや道徳心が培われるよう、従業員の家庭教育の意識啓発
  4. 環境問題への意識を高め、子どもと一緒に汗を流して作業する慣習の拡大

富山経済同友会ではこれまでも、会員である企業経営者が、中高校生に体験談や働くことの意味を語る「出前講座」等を実施していただいています。

県教育委員会でも、「企業内家庭教育講座」への講師派遣や家庭教育に関する情報の提供などにより、職場での取組みを積極的に支援し、互いに連携して家庭教育を推進します。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習・文化財室 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7  県庁南別館4階   

電話番号:076-444-3434

ファックス番号:076-444-4434

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?