トップページ > くらし・健康・教育 > 教育・子育て > 教育一般 > 「社会に学ぶ 『14歳の挑戦』」

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

「社会に学ぶ 『14歳の挑戦』」

中学2年生が挑む 社会体験

1 趣旨

R2年度用パンフレット表紙

中学校2年生(義務教育学校8年生を含む。)が、5日間、学校外で職場体験活動や福祉・ボランティア活動等に参加することにより、規範意識や社会性を高め、将来の自分の生き方を考えるなど、生涯にわたってたくましく生き抜く力を身につけることができるようにする。

2 社会に学ぶ「14歳の挑戦」実施校数等の推移

年度 実施校 参加生徒数 受入事業所数 備考
11 27 3,318 938 1月3日で実施
12 63 7,909 2,372 2月3日で実施
13 85 10,668 3,362 県内全公立中学校で実施
14 85 10,561 3,335 同上
15 85 10,295 3,302 同上
16 83 9,910 3,241 同上
17 83 10,028 3,272 同上
18 83 9,689 3,132 同上
19 83 9,454 3,125 同上
20 83 10,121 3,263 同上
21 82 9,701 3,208 同上
22 81 9,938 3,269 同上
23 81 9,742 3,258 同上
24 81 9,717 3,266 同上
25 80 9,819 3,296 同上
26 81 9,728 3,319 同上(分校1校含)
27 81 9,730 3,372 同上(分校1校含)
28 81 9,290 3,260 同上(分校1校含)
29 80 9,164 3,182 同上(分校1校含)
30 80 8,937 3,132 同上(分校1校含)
79 8,671 3,098 同上(分校1校含)

3 実施時期と期間

時期については、地域や学校の実情等を踏まえて設定しています。
期間は、1週間(実際の活動は土日を除く5日間)とします。

4 活動内容

活動内容については、生徒の興味・関心を踏まえ、学校や地域の実態も考え合わせて、いろいろな活動を行います。

(例)

  • 農業や漁業、林業の仕事
  • 工場、商店の仕事
  • 保育園や老人介護施設での活動
  • 公園などの美化活動
  • 作品制作や調査活動

5 活動方法等

  • (1) 市町村及び学校において、「社会に学ぶ『14歳の挑戦』」推進委員会(教職員、保護者、地域の各種団体代表者、受け入れ施設の担当者、企業関係者等)を組織し、活動時期、場所、内容等を検討します。
  • (2) 原則として校区内で受け入れ施設を探します。
  • (3) 4名ほどの班単位で活動します。班ごとにボランティアを充てます。
  • (4) 5日間の合計の活動時間を30時間程度とし、1日当たりの活動時間は7時間を超えないようにします。
  • (5) 生徒は自宅から直接活動場所へ通います。

6 問い合わせ先

富山県東部教育事務所 電話 076-444-4569
富山県西部教育事務所 電話 0766-26-8492

関連ファイル

令和2年度「社会に学ぶ『14歳の挑戦』」パンフレット(PDF:5,524KB)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会小中学校課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館4階

電話番号:076-444-3443

ファックス番号:076-444-4439

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?