トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 報道発表 > 2023年 > 4月 > 卒後臨床研修評価にて「エクセレント賞」を受賞しました

更新日:2023年4月7日

ここから本文です。

富山県 News Release MAKE TOYAMA STYLE

卒後臨床研修評価にて「エクセレント賞」を受賞しました

発表日 2023年4月7日(金曜日)

当院は臨床研修病院として多くの研修医を受け入れています。このたび当院は、NPO法人卒後臨床研修評価機構(略称JCEP)が実施する第三者評価の結果、JCEPにおいて特に優れていると承認された病院に与えられる「エクセレント賞」を受賞しました。(認定病院は2023年4月1日現在で284病院。うちエクセレント賞を授与されたのは22病院で、北陸では当院のみ。なお、認定病院においても県内唯一となります。)

今後とも本県の基幹病院として、地域医療の核となる医師の育成に努めてまいります。

1.卒後臨床研修評価とは

医療の質の改善と向上を目指すため、臨床研修病院における研修プログラムや研修状況の評価を行い、医療の発展に寄与するとともに、臨床研修病院の質の向上を図ることを目的として設立された第三者評価機構が定める認定基準に達しているか評価するもの。書面審査に加えて、JCEPの調査員が来院して調査を行う。

2.評価基準

(1)認定

  • 各評価項目において、「要改善」が20%未満であること
  • 期間は原則として2年間。(調査結果より、臨床研修の質が維持されると認められた場合は4年間に延長)

(2)エクセレント賞

  • 各評価項目において「適切」が80%以上、かつ「a」が80%以上で、「要改善」と判定された項目がないこと
  • 特に「研修プログラムの確立とその実践」の評価項目観点において、「a」が90%であるとともに、臨床研修の修了の手続きが確立していること(研修管理委員会における研修医ごとの評価・報告の実施、必要事項の記載された臨床研修修了書の発行、修了が認められない場合の手順の確立)
  • 評価委員会で、特に優れていると承認されること

3.当院の評価(まとめ)

  • 経験できる症例数や種類が多く、満足度の高い研修が実践できる。
  • 指導医や関係職員からの手厚いサポート体制がある。
  • 一般外来研修を初診だけでなく再診も含めて実践し、連携施設での一般外来に繋がっている。
  • 米国の大学病院で研修する機会を設けるなど、幅広い経験を積むことができる。

【参考】当院は、2017年「2年認定」2019年「4年認定」に加えて3回目の認定。

お問い合わせ先

部局・担当名

電話番号

担当者

厚生部 富山県立中央病院 経営管理課 管理係

076-424-1531

五十嵐、長田